暑い日におすすめ!ピリ辛が旨い「ジャージャー麺」

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ラーメン

 

暑い日におすすめ! ジャージャー麺

茹でた麺に「炸醤」と呼ばれるひき肉やたけのこを味噌で炒めたものをのせる中国北部の庶民の味。、日本ではジャージャー麺の名で知られるこの料理は、盛岡のじゃじゃ麺や韓国のチャジャンミョンの元祖という説も。「炸醤」はザージャン、ジャージアンなどと読み、日本語の「ジャージャー」と似ています。

中国では弾力のある手作り麺に、塩辛い肉みそ、きゅうり、葱、ゆでた大豆などがのりますが、今回は気軽に食べられるように少し甘めの味つけにし、中華麺を使いました。

食べるときは、よ~くかき混ぜて豪快に食べるのがおすすめ! ピリッと辛みをきかせるとさらにおいしくなりますよ。

ピリ辛ジャージャー麺の材料(2人分

暑い日におすすめ!ジャージャー麺
中華麺 2玉(稲庭うどんなどでも)
合いびき肉 100g
たけのこ 80g(茹でた後5mm角切り)
しいたけ 1枚(5mm角切り)
ねぎ 大さじ2(みじん切り)
ニンニク 1片(みじん切り)
生姜 大さじ1(みじん切り)
甜麺醤 大さじ2 
醤油 大さじ2
紹興酒 大さじ2(日本酒でも)
鶏ガラスープ 大さじ4
砂糖 小さじ1
少々
こしょう 少々
水溶き片栗粉 適量
きゅうり 1本(せん切り)
ごま油 適量
ラー油 適量(豆板醤でも)

ピリ辛ジャージャー麺の作り方・手順

ピリ辛ジャージャー麺

1:

中華鍋にニンニク、生姜、ごま油を入れて弱火にかける。香りがでたら、豚ひき肉を入れてしっかりと炒める。
豆板醤を加える場合は、ひき肉を加えた後に入れて軽く炒めてください。

2:

たけのこ、しいたけ、長ねぎを入れて強火で炒め、紹興酒を入れる。

3:

弱火にし、甜麺醤を入れて炒める。醤油、砂糖、鶏ガラスープを入れ、塩、こしょうを味をととのえる。

4:

水溶き片栗粉でとろみをつける。
麺は表記通りに茹で、ごま油(分量外)を絡める。器に盛り、きゅうり、白髪ねぎとともに3の肉味噌をのせる。
好みでラー油をかけ、よくかき混ぜて食べる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。