股関節の歪みを調整して美脚になる!?ストレッチ

股関節は骨のつき方によって、あぐらが得意な人、割座が得意な人に大方分かれます。さらに両足でも開閉差がある場合が多いので、曲げにくいかどうか?などじっくり観察しながら調整してください。また、太ももの前側や膝周辺も疲れが溜まり、こっている人も多いので下半身の流れを促し、冷えやむくみを改善してください。このストレッチは脚の形も整えくれるので、すらっとした美脚に近づくはずです。

動作1

動作1

1.床に仰向けになり、かかとをお尻の近くに引き寄せます。足首を掴める人は掴みましょう。この時お尻や腰が浮きすぎないように注意。


 
動作2

動作2

2.ゆっくりと息を吐きながら右膝を内側に倒します。この時もお尻が浮いたりしないように注意しましょう。


 
動作3

動作3

3.ゆっくりと息を吸いながら元の位置に戻り、息を吐きながら左膝を内側に倒します。2-3の動作を左右8回を目安に繰り返しましょう。

 

骨盤底筋を鍛えて女っぷりをあげる!?ストレッチ

この動作は骨盤底筋を意識しながら、「締める力」をつけます。この膣を締めるために必要な筋肉(=骨盤底筋)は、骨盤のまわりから体幹(胴体部分)と呼ばれる筋肉につながっています。つまり骨盤底筋が弱れば、体幹力が低下し、姿勢は崩れ、代謝も下がり、おばさん体型になってしまうのです。さらに、骨盤を支える大切な太もも内側の内転筋や、腹筋、背筋も鍛えるので、トライすればするほど引き締まったいい女に!ぜひ、毎日の習慣にしてみてください。

動作1

動作1

1.床に仰向けになり、両膝を立てます。



 
動作2

動作2

2.両膝を左右に倒し、足裏を合わせます。



 
動作3

動作3

3.足裏をグッと押しあったまま、お尻を床から持ち上げます。そのまま10呼吸キープします。この時、膣をグッと締めるように意識してみて下さい。お尻が床から離れている分、普段よりも締める感覚が分かりやすいと思います。ゆっくりとお尻を床に戻します。回数は1-5回など体の声を聞きながらご自分で決めて下さい。
 

いかがですか?3つの動きとも寝ながらでも出来るので、ベットの中でゴロゴロしながらトライしても習慣化しやすいと思います。ぜひ、ストレッチで美力をあげてくださいね。

■おすすめ記事
肩こり老け顔の原因、スマホ症候群に効くストレッチ!
出会いの季節に即実践!第一印象を良くするストレッチ





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。