お米好きダイエッターに朗報!炭水化物は制限しなくてよい!?

お米の量を減らさずにカロリー半分!?

お米の量を減らさずにカロリー半分!?

「炭水化物を抜く」「糖質を制限する」といったダイエット法は相変わらず人気の様子。これらダイエット法は、すぐに効果は出るものの「続かない」「ストレスがたまる」「リバウンドしやすい」という理由から、途中で挫折してしまう人も多いものです。

そこで朗報! なんと、お米を炊く際にココナッツオイルを入れるだけで、お米のカロリーが約半分に抑えられるとか!?

 

今回は、無理してお米を制限する必要なし! お米のカロリーを約半分に抑えられる! そんな夢のような方法やその理論を詳しく紹介しようと思います。

お米の食べ過ぎが太る理由

「お米」は私たち日本人の主食ですが、「炭水化物抜き&糖質制限ダイエット」などが流行っていることもあり、「お米は太る」「お米はダイエットの大敵」といったイメージが強いものです。

お米などのでんぷん(消化しやすいもの)は、小腸で分解され吸収されるのにあまり時間がかからず、すぐにグルコース→グリコーゲンに変化します。この時、消化しきれずに余ったグリコーゲンは内臓に蓄えられてしまうので、食べ過ぎると太りやすくなるというのが、お米がダイエットの大敵と思われる理由になります。

ただし、ココナッツオイルを加えるという調理法だけで、お米のでんぷんタイプを変えることが可能となり、量を減らさずにカロリーが約半分になるとのこと! 

次からは、その仕組みを詳しく解説していきます。