「おじぎ呼吸ダイエット」とは

安ますみ著/朝日新聞出版/TEL03-5540-7793/¥1200+税

『おじぎ呼吸ダイエット』安ますみ著/朝日新聞出版/TEL03-5540-7793/¥1200+税

「おじぎ呼吸ダイエット」とは、ボイストレーナーとして多くのミュージシャン(Salyu、辛島美登里など)に指導を行っている安ますみ氏が考案したもの。プロ用のボイストレーニング法で姿勢を矯正し、らくに声が出るように訓練していくと、生徒さん達が自然に痩せていくといいます。

痩せる身体に変えていくいは、「正しい姿勢で腹式呼吸」! これが「おじぎ呼吸ダイエット」です。

 

「おじぎ呼吸ダイエット」の痩せ理論

“おじぎをして呼吸をする”といっても、痩せるためにはコツが必要です。
そのコツとは「胸の下から身体をおじぎするように折り曲げて、みぞおち部分をグイッとへこますように息を吐いていく」こと。


この時、一番使っているのが横隔膜という筋肉で、この筋肉を鍛えることで吐く力が増し、新鮮な酸素を身体の中に吸いこむことができるようになります。酸素が身体に十分にまわれば、筋力もアップし新陳代謝も活発に。さらに、背骨を支える深層筋も鍛えられるので、呼吸をするたびに全身を筋トレするのと同じ効果が期待できるのだそう。これが、「おじぎ呼吸ダイエット」の痩せ理論となります。

まずはハイヒールを履こう!

「おじぎ呼吸ダイエット」では、ハイヒールを履いて行うことを勧めています。理由は、両足のつま先を開いて背伸びをするだけで、大腿筋(太もも)から大腰筋が鍛えられ、正しい姿勢がキープできるようになるから。しかし、つま先立ち姿勢はずっとは続けていられないので、ハイヒールを利用するのが◎というわけ。ハイヒールを履いて、背筋を伸ばすことで呼吸筋を効率よく鍛えることが可能です。