体温が1度上がるだけでカラダの基礎代謝がアップし痩せやすくなるのをご存知ですか? その他にも、便秘解消、免疫力アップ、肩コリ・腰痛解消など、体温を上げるといいことがいっぱい!

そこで今回は、「特にカラダのどのパーツを温めれば効率がよいのか?」について詳しく解説していきますので、上手な体温アップの方法を身に付けてダイエット効果もアップさせましょう!

温めるべきパーツ1「肩甲骨」

カラダには体温を上げるように指示し、脂肪燃焼にも効果のある細胞「褐色脂肪細胞」というものが存在します。その「褐色脂肪細胞」は主に肩甲骨を中心に存在しています。

ただ、この「褐色脂肪細胞」は年齢とともに減少するもので、しっかり意識して刺激し続けないと脂肪の機能を失ってしまうもの。結果、冷え、むくみ、血行不良、代謝低下を招き、太りやすい原因にもなります。そこで、細胞の質をキープし効率よく働かせるためには、肩甲骨をしっかり動かすことが重要です。

「肩甲骨」を温めるためにするべきこと

肩甲骨を意識して褐色脂肪細胞を刺激しよう!

肩甲骨を意識して褐色脂肪細胞を刺激しよう!

■ 簡単ストレッチ

毎日少しの時間でもOKなので、簡単なストレッチを習慣にして脂肪を刺激してあげましょう。

肘を軽く曲げた状態で、肩を前後にグルグルと回したり、椅子に浅く腰掛けた状態で椅子の背もたれに両腕を持っていって肩甲骨を寄せ合うだけでも筋肉がほぐれカラダを温めるのに効果的です。

■ 正しい姿勢をつくる

姿勢が悪いとカラダのあらゆる部分に歪みを発生させ、滞りの悪い状態になってしまいます。まずは正しい姿勢を保つように心がけるだけでも、肩甲骨周りが刺激される効果があります。

正しい姿勢をキープするには、太ももにある太く安定した骨に、上半身をストンと乗せるようにすると、楽に正しい姿勢がつくれるので実践してみましょう。