間もなく新学期。これからフランス語の勉強を始めてみようと思っている方も多いことでしょう。今回は、フランス語の勉強を始める前に準備しておくとその後グンとお勉強が楽になるとっておきの方法を伝授いたしましょう。

Alphabetと筆記体をしっかり覚えよう!

alphabet

筆記体を押さえて黒板メニューもラクラク読破

普段のやりとりでAlphabet(アルファベ/アルファベット)を用いることはあまり多くありませんが、フランス語のレッスン時には、単語の綴りを聞いて書いたり、辞書をひいたりという機会はたくさんあります。G(ジェ)とJ(ジ)、F(エフ)とR(エール)などは聞き取り時に間違いやすいAlphabetの代表格です。フランス語の「つづり字記号」の読みもあわせて覚えておきましょう。フランス語のAlphabetに関しては過去記事『フランス語Alphabetをモノにする!』で詳しく解説していますので、ぜひご活用ください。
また、筆記体に関してはネイティブの先生の板書を読み取る際に必要になることはもちろん、旅行時の黒板メニュー読解など、覚えておいて損はありません。自分で筆記体でノートをとったり、日記を書いたりすることで気分的にもフランスっぽさが味わえるのではないでしょうか。記事『フランス語筆記体にチャレンジ!』でしっかりお勉強してください。以下のサイトでは、動画も見られます。

つづり字と文字の関係をマスターする!

フランス語初心者のうちに頑張ってマスターしておいてほしいことは、フランス語の綴り字と文字の関係をしっかりとおさえることです。

1.基本はローマ字読み
2.語末の子音はc,r,f,l以外原則として発音しない

まずは、このような簡単な決まりから入って、aioiのように複数の文字で1つの発音をする複合母音の読みをしっかりと練習することで、その後の学習が格段に楽になります。レッスンでは、なかなか時間をとって復習することができにくい箇所ですので、自分でしっかり練習することが大切です。以下につづり字と文字関係の過去記事のリンクをはっておきますので、ご活用ください。

 

次ページでは、「より効果的な学習のためにおさえておきたいこと」をお届けします。