フランス語検定合格にも必須の疑問詞の知識。5級レベルの方なら、筆記・聞き取り共にきっちり押さえておくことでかなりの得点アップにつながります。また、それ以上の級の方にとっても、聞き取りや日常会話の基本となる重要箇所。しっかりマスターしているかチェックしてみましょう。

フランス語版5W1H

それでは、コミュニケーションの核ともいえる疑問詞。基本中の基本フランス語版5W1Hから確認しておきましょう。
  • Quand ?(カン/いつ)
  • Où ? (ウ/どこ))
  • Qui ?(キ/だれ)
  • Que ? (ク/何)
  • Pourquoi ?(プルクワ/なぜ)
  • Comment ?(コマン/どのように)
フランス語の疑問文はこれらの疑問詞にest-ce que(エスク)をつけて用いられることも多くあります。その場合、Quand est-ce que ~?のdは[d]の音ではなく[t]の音でリエゾンするので、「カンテスク~?」という発音になります。また、Qui est-ce que ?(キエスク)とQu'est-ce que ?(ケスク)も似ているので迷う人が多いようです。

検定風に実践練習

それでは、これらの疑問詞を使ってフランス語検定風に練習してみましょう。まずはQui ?とQue ?に関してですが、フランス語検定の5級レベルでは、Qui est-ce ?(キエス/誰ですか?)とQu'est-ce que c'est ?(ケスクセ/何ですか?)の区別がきちんとできているかが問われます。つまり、答えが人となるか?モノであるか?ということを考えなければなりません。例えば、答えがC'est la mère de François.(それはフランソワの母です。)という場合には、質問の文はQui est-ce ?でなければならないというわけですね。聞き取りになっても、この区別が瞬時にできるようにおさえておきましょう。

次にComment ?ですが、これは会話でも一瞬わからなくなる人が多いのですが、名前を聞かれているのか?「元気ですか?」と聞かれているのか迷うようです。例えば、Ton père s'appelle comment ?(君の父さんの名前は?)とかComment va-t-il ?(彼は元気?)といったような疑問文の場合です。こうしたパターンでは、使われている動詞に注目しましょう。名前であればIl s'appelle(イル サペール)となるように、質問と解答が同じ動詞だと覚えておけばあせらなくてすみます。

最後にoù?に関してですが、これは前置詞deを伴ってd'où ?(ドウ/どこから?)という質問になることもあります。出身地をたずねるTu viens d'où ?(テュ ヴィアン ドゥ)の形で覚えておきましょう。

次ページでは、5W1H以外の頻出疑問詞をみてみましょう。