café(カフェ)やgarçon(ギャルソン)のように、日本でもメジャーなフランス語の中には、文字の上や下になにやら記号のようなものがついていますよね。これらは「綴り字記号」(Signes orthographiques)と呼ばれるもので、忘れられがちではありますが、それがあるために「なんだかフランス語っぽい!」というオーラを放っているフランス語の名脇役でもあります。今回は、これらの愛すべき「綴り字記号」とお友達になるべくお勉強に励んでみましょう。

フランス語の「綴り字記号」ってどんな種類があるの?

まず最初に、「綴り字記号」の種類についてみてみましょう。

  • 「é 」 : accent aigu(アクサン・テギュ)

  • 「à,è,ù 」 : accent grave(アクサン・グラーヴ)

  • 「â,î,û,ê,ô」 : accent circonflexe(アクサン・スィルコンフレックス)

  • 「ï ,ü,ë」 : tréma(トレマ)

  • 「ç」 : cédille(セディーユ)

  • 「'」 : apostrophe(アポストロフ)

  • 「-」 :trait d'union (トレ・デュニオン)


  • 一般的にフランス語の「綴り字記号」と見なされているものは上記の7種類です。それでは、ちょっと「綴り字記号」についての理解力を診断するテストがあるフランス語のサイトFrançais correctif の診断ページで復習とまいりましょう。「綴り字記号」でないと思うものの上をクリックしてみてください。「Bravo!」と出れば正解です。

    いかがでしたか? それでは、「綴り字記号」について一つ一つみてみましょう。

    「e」の上にくっついて、発音を変えるアクサン

    accent
    看板などでも目をひく綴り字記号
    まずは、上の3つaccent aigu(アクサン・テギュ)、accent grave(アクサン・グラーヴ)、accent circonflexe(アクサン・スィルコンフレックス)がアルファべの「e」の上につくとどうなるか?ということから話をはじめたいと思います。

    フランス語の「e」は、アルファベット読みすると、「ウ」となります。この「e」の読み方は複雑なので、いろいろ読みの規則があり、「ウ」と読んだり「エ」と読んだり、発音しなかったりとかいうパターンがあるのですが、この「e」の上にaccent aiguをつけて、「é」と表記すると読み方は「エ」となります。café(カフェ/コーヒー)、opéra(オペラ)などがその例です。このaccent aiguは「e」の上にしかつきません。

    また、「e」の上に他のアクサンがついて「è」、「ê」となった場合にも、père(ペール/父)、tête(テット/頭)という風に、発音は日本語で言えば同様に「エ」となります。

    ただし、フランス語では、前者は[e]という発音記号で、e fermé(狭いエ)、後者は[ε]という発音記号で、e ouvert (広いエ)と区別されます。豊富な音声ファイルがうれしいLanguage guide.org のページで、音の違いが聞けますので聞き比べてみましょう。

    いかがでしたか? 最初はちょっと聞き分けにくいかもしれませんね。[e]の方は日本語の「イ」の口の形のように口の両端を左右にひっぱるようにして「エ」という音をだします。[ε]の方は、横ではなくあごと舌を下にひっぱるような感じで「エ」と発音するとうまくいきます。[e]は日本語の「エ」より狭く、[ε]は日本語の「エ」より広い感じです。

    ちなみに、sakéとか、karaokéのようにすでにフランス語になっている日本語は、accent aiguで表記されています。まあ、「細かいことはいいわ。」とおっしゃられる方は、「e」の上になにかしらくっついていたら「エ」と発音すると覚えておきましょう。

    次ページは、アクサン・グラーヴ、アクサン・スィルコンフレックスについてのお話です。