年末年始のイベントが終わり、新学期や仕事始めの時期になると、フランス語学習者であれば「年末年始は何をしましたか?」と質問される機会がグンと増えます。大掃除って何だっけ?初詣って?今年こそ自信を持って答えられるようお勉強しておきましょう。

年末の過ごし方に関するフランス語

shogatu

幸せなお正月を迎える準備も大変

では、お正月を迎える準備のために、多くの日本人が年末に行う行動についていくつかみてみましょう。主語は、「私たち」の意味をもつon(オン)を使って表現していきますので、必要にあわせて主語をJe(ジュ/私)に変更し、動詞も主語にあわせて活用してください。
  • On a nettoyé bien la maison. (大掃除をしました。)
掃除をするという動詞はnettoyer(ネトワイエ)、maison(メゾン)は「家」のことですので、直訳すると「家を念入りに掃除した」という意味になります。状況に応じて掃除する場所の単語を入れかえて使用してください。faire le grand ménage(フェール ル グラン メナージュ/大掃除をする)という特定の場所を明示しない表現も覚えておくといいですね。
  • On a écrit les cartes de vœux. (年賀状を書きました。)
vœux(ヴ)はフランス語の名詞vœuの複数形で、「祈願」を意味します。年賀状はcartes de vœux(カルト ドゥ ヴ)と覚えておきましょう。
  • On a mangé des nouilles.(蕎麦を食べました。)
des nouillesは「麺類」の意味ですので、蕎麦と正確に言いたい場合には des nouilles de sarrasin(直訳:そば粉でできた麺)という表現が使えます。「年越し」を表現するとなると、いろいろ追加説明が必要となってきますので、今回は省略しますね。
  • On a regardé le Kohaku.(「紅白」を見ました。)
こちらも、「紅白」の語はそのまま使用しました。文の最後にsur NHK(スュール エヌ アッシュ カ/NHKで)、à la télé (ア ラ テレ/テレビで)といった表現の追加も可能です。番組名・チャンネル部分を変更すれば、いろいろ言えますね。

次ページでは、お正月イベントをフランス語で言ってみましょう。