フランス語を勉強するなら最初に覚えたいalphabet。フランス語のアルファベットは、英語と同じ綴りですが、読み方は「アルファベ」です。まずは勉強をはじめるにあたって、この事実をちょっとフランス語通を気取って周りに吹聴してみるといいかもしれません。えらそうにしてしまった分、フランス語の勉強に自分を追い込むことができるはずです。

それでは、早速お勉強をはじめましょう!

Alphabet ボンジュール!

alphabet

ABCの歌にあわせて覚えよう!

画像では発音記号で示しましたが、alphabetのカタカナ読みを付け加えると以下のようになります。「A (ア), B (べ), C (セ) , D(デ), E (ウ), F (エフ), G(ジェ), H (アッシュ), I (イ), J (ジ), K (カ), L (エル), M m(エム), N (エヌ), O (オ), P (ペ), Q(キュ), R (エール), S (エス), T (テ), U (ユ), V (ヴェ), W (ドゥブルヴェ), X (イクス), Y (イグレック), Z (ゼッド)」。英語と同じように「キラキラ星」(「Ah! Vous dirais-je, Maman」)の歌のメロディーにあわせて歌ってみるのがやはりてっとり早い覚え方です。You tubeでalphabet、français(フランス語)と入力するといろいろな動画が出てきますので活用してみましょう。


英語と同じでなんとかなるグループ

では、もう少し詳しく便利な覚え方をみてみましょう。先ほど練習した通り、フランス語のalphabetの中で、ほぼ英語の読みで対応できるalphabetは、F(エフ), L(エル), M(エム), N(エヌ), O(オ), Q(キュ), S(エス), U(ユ)の8文字になります。

ただし、Qの発音記号は[kju]ではなく[ky]となりますので、英語の発音よりは短く鋭い感じ、まさしく「キュッ!」とひきしまった感じの音になります。またO(オ)の読みである[o]の音は、舌の先を下の歯ぐきの方におき、口を丸くし前に突き出して発音してみましょう。これも、ちょっと驚いて短く「オッ!」という気持ちで練習してみるといいですね。

「イー」から「エ」に変身グループ

次にまとめて覚えてしまいたいグループは、B(べ),C(セ),G(ジェ), P(ペ), T(テ),  V(ヴェ)のグループです。これらのグループは、英語風の発音でいくと語尾が「イー」とのばすような感じの音になりますが、フランス語ではすべて「エ」[e]の音になります。フランス語の[e]は、舌の先を下前歯の後ろにしっかりつけて、日本語の「エ」の音をはっきりと強く発音した感じです。「べ・セ・ジェ・ペ・テ・ヴェ」と一気に覚えてしまいましょう。