フランス語の読み方を基礎から学ぶ!

フランス語の読み方を基礎から学ぶ!

「フランス語の読みは難しい!」と言う声をよく聞きますが、実際はフランス語の読みは慣れると規則性が高いためむしろ英語より簡単だと言えます。早速、ポイントを押さえて効率的に覚えていきましょう!
   

フランス語の読み方……英語読みではなく「ローマ字読み」で

フランス語で使用されている文字はアルファベットですから、なんとなくこれまでの英語の知識を使って読めてしまいます。ただし、なんとなく読めてしまうがために、「どうしてそんな読みになるの?」→「難しい!」という流れになってしまいがち。そこで、まずは英語読みにサヨナラしてローマ字式に発音することを意識しましょう。
 
フランス語のWiFiの読み方

Wi-Fiのフランス語読みは「ウィフィ」

例えば、フランス語で「a」や「i」の文字が出てきた際に、「エイ」か「ア」か?または「アイ」か「イ」か?と悩む必要はありません。ローマ字式に、「a」は「」、「i」は「」とシンプルに読んでください。

少し練習してみましょう。下の単語を読んでみてください。

poli(礼儀正しい),  moto(オートバイ), ami(友人)

正解は「ポリ」、「モト」、「アミ」となります。簡単ですよね!
 
aiueo

「アイウエオ」かな?

フランス語の読み方……母音字は「ア・イ・ウ・エ・オ」と読まない!

ローマ字読みに慣れたら、今度はそこからくる間違いを矯正していきましょう。右の5文字を読んでみてください。

日本人にとっては読みの基本となるこの5つの母音字は、どうしても「ア・イ・ウ・エ・オ」と読みたくなるのですが、実は「ア・イ・・オ」という読みになります。

eは「」、uは「」というフランス語Alphabetの読み方を思い出してください。この読みを基本として、例えばma,mi,mu,me,moのように子音字と組み合わせた文字を「マ・ミ・ミュ・モ」と読めるようになるまで何回も練習しましょう。間違いやすい単語の例をあげてみます。

 menu(定食・メニュー), melon(メロン), bus(バス)

フランス語の「e」の読み方には細かな規則があり、初心者にはなかなか手強いのですが、通常、語末や音節末のeは「無音」、単語の1音節末のeは「」と読みます。ですので、正解は「ムニュ」、「ムロン」、「ビュス」。英語と違うじゃないか!と怒らないでくださいね。こう考えてみると、busを「バス」と読む方が難しくありませんか?
 

フランス語の読み方……é・è・êは「エ」と読む!

それでは、フランス語ではどんなときに「エ」と読むのでしょうか?いくつかの文字の組み合わせパターンや発音の違いはありますが、まずは「é」、「è」、「ê」とeの文字の上にアクサンがついているときは、とりあえず「」と読むという癖をつけてください。

少し練習してみましょう。

café(コーヒー), crème(クリーム), crêpe(クレープ)
 
正解は「カフェ」、「クレム」、「クレプ」。ここでは、フランス語読みが耳慣れている単語を選んでみました。「エ」の音がでるとき、eの上にアクサンがついているのがお分かりでしょうか?
 

フランス語の読み方……語末の子音字・Hは発音しない

「zoo」のフランス語読みは?

「zoo」のフランス語読みは?

次に、フランス語を読むにあたって覚えておきたい重要な規則を2つあげておきましょう。
 
  1. 語末の子音字は発音しない。
  2. Hは発音しない。

例外はありますが、1に関しては、英語のcarefulという単語に含まれる子音字「c,r,f,l」以外の語末の子音字は通常は発音しないと覚えます。2はhの存在を無視してしまえば簡単ですよね。英語と同じ意味と綴りで間違いやすい例をあげてみます。

art(芸術), Paris(パリ),  long(長い)、hôtel(ホテル)

「アール」、「パリ」、「ロン」、「オテル」、いかがでしょうか?

最後に、第一段階、卒業試験とまいりましょう。意地悪問題ですので注意して読んでください。

bible(聖書), lion (ライオン), table (テーブル), zoo (動物園) 

正解は、「ビブル」、「リオン」、「ターブル」、「ゾ」。「ゾ」はないだろ~!というお気持ちはものすごくわかります。やはり、フランス語読みは難しいかな?

(本記事では、発音の問題をカタカナ表記とし、ややこしい例外を省いて「わかりやすさ」を最優先しました。詳細な解説や例外に関しては、各種参考書や関連リンク・関連記事も併せて参照してください。)

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。