フランス語を頑張って勉強しよう! と購入した辞書。あなたはきちんと使いこなせていますか? 目的の単語を引いてみてもなかなか見つけられない初心者の方、仏仏辞書デビューぐみ、高機能の電子辞書を前にして試行錯誤中の方も、一度基本的な辞書の使い方を見直してみましょう。

フランス語ビギナーは元の形を探し出せ!

初心者の方のお悩みは、おそらくは目的の単語がなかなか見つからないということでしょう。フランス語は、動詞の活用や形容詞の性・数一致など変化の多い言語です。そのため変化後の単語をそのまま調べようとして目的の単語が見つからず、最終的には似ている単語の意味ですませるといったことが多く見受けられます。
elle parle

変化する部分に注意しよう!

上の例でみてみましょう。Ils parlent français. (イル パルル フランセ/ 彼らはフランス語を話す)という最初の文章で、「parlent」の意味がわからないので調べてみるとします。この場合、黄色で示した「-ent」の部分は動詞の活用語尾になりますので、辞書では「parlent」ではなく、元の形である「parler」で意味を調べなければなりません。

二番目の文章のElle est gentille.(エレ ジャンティユ / 彼女は優しい)の「est」は動詞「être」の変化形。この場合は一見難しそうですが不規則動詞であるため通常は辞書でそのまま引いても元の形であるêtreを示してくれていますので、原形を見つけることは比較的容易です。まずは規則的な変化であるために、辞書に示されることのない第一群規則動詞(語尾が-erで終わる動詞)の活用をしっかりと覚えることが、フランス語辞書活用の第一歩となります。

またピンクで示したgentilleleの部分は形容詞gentilの女性形への変化部分です。形容詞も男性単数形で探す必要がありますので、前の部分が一致する単語をまずは調べ、女性形を探すくせをつけてください。

次ページでは仏仏辞書デビューぐみ、電子辞書派の陥りやすいパターンをみてみましょう。