その5 パプリカの赤で色鮮やかに

あ

パプリカのカプサンチンという成分は強力な抗酸化力で肌と髪の細胞を守ります

最後に紹介するのが「パプリカ」。赤ピーマンを乾燥させて粉末にしたスパイスで、一見すると辛そうですが、実は甘味もあり、クセのないスパイスです。

パプリカの赤い色素には、カプサンチンというカロテノイドの一種が大量に含まれていて、カプサンチンの強力な抗酸化力が細胞の老化を防ぎます。またカプサンチンの善玉コレステロールを増やす働きで、血管の内側に汚れた脂質がこびりつかないようにして、血管の流れを良くします。

パプリカは香りもなく、クセもないスパイスなので、肉料理、魚料理、サラダ、スープなど、どんな料理にふりかけても邪魔にならず、鮮やかな赤い色が食欲をそそります。

5つのスパイスを無理なく食事にオン!

あ

シナモン、にんにく、しょうが、ウコン、パプリカが肌と髪を守る5大アンチエイジングスパイスです

シナモン、にんにく、しょうが、ウコン、パプリカ……
この5つのスパイスは、どれも手に入りやすいものばかり。にんにくやしょうがはチューブ入りのものもありますから、無理せず、長続きしそうな方法で、5大アンチエイジングスパイスを生活に取り入れて、肌と髪を若々しく、美しく保ってくださいね!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。