タイプ別便秘攻略! 骨盤エクササイズ

■弛緩性(しかんせい)便秘タイプ エクササイズ
腹筋を鍛える腸のぜん動運動を促すのが効果的。朝起きたら、まずはコップ一杯の水を飲むように心がけましょうね。

 

021

床と腰の間が空く方は両手を腰下に入れて床から腰が浮かないようにしましょう

1. 仰向けで両手は床に置き、両脚を持ち上げます。

 

022

かかとから蹴り出すように伸ばしましょう

2.脚を交互に曲げ伸ばして、空中で自転車をこぐように動かしましょう。

 

023

腰が床から離れないように

3.床から低い位置で行うと、より腹筋に効きますよ。
左右それぞれ30回ずつを目安に行ってください。

 


■直腸性便秘タイプ エクササイズ
便の量を増やすために、食物繊維と水分をたっぷり摂るようにしましょう。食事後はとくに便意が無くてもトイレに行くように習慣づけて、排便リズムを身につけてくださいね。

 

024

時計回りにさすりましょう

1.両手をおへそ部分に当てて、中心部からぐるぐると外側へ大きく円を描いていくようにさすっていきます。

 
025

心地よくリズミカルに行うのがコツ

2.最後は左下辺りで止めて、そのまま少しだけ圧をかけましょう。
このとき、きつく押しすぎないように注意。
そのまま、その部分を指先で軽くトントントンとリズムよくタッピングしましょう。
1~2を3回を目安に繰り返しましょう。 
※立ってやっても座ってやっても、どちらでもOK!