ハーブティーってどんな飲み物?

香りをしっかり感じながら飲むとストレスケアになります

香りをしっかり感じながら飲むとストレスケアになります

ハーブティーはフランス語でティザーヌといいます。オシャレな飲み物のイメージがありますが、古くから健康のために飲まれてきた、いわば「薬草茶」です。

嗜好品としてのお茶には、緑茶、紅茶、またコーヒーなどもありますが、種類の多さや香りの豊かさはハーブティーがダントツと言っても過言ではないと思います。現に、アロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)の原料とかぶるハーブティーもたくさんあります。たとえばラベンダー、ジャスミン、メリッサ、カモミールなどなど……。

アロマテラピーとハーブの両方を用いれば多面的なケアが実現できますが、今回は手軽にハーブティーでアロマテラピー効果も期待してみましょう。


ハーブティーの、アロマテラピー効果とは?

「ハーブティー」タイムのすすめ

「ハーブティー」タイムのすすめ

アロマテラピーガイドとしてはやはりハーブティーの「香り」に特に注目したくなります。今回はエッセンシャルオイルの香り効果も引用して、疲れた心を癒すものを中心に、おすすめのハーブティー選んでみましたが、そもそもハーブティーで得られるアロマテラピー効果とはどんなことをいうのでしょうか?

かぐわしい香りを楽しみつつ、心地よくハーブティーを味わうと、その香りは嗅覚を介してイライラを鎮めたり、緊張感をゆるめます。加えて「飲む」という行為も一息入れたり、気分を変えたりするのを助けます。
コーヒーの香りも素晴らしいけど、葉や花のナチュラルな香りでくつろぎませんか。特に、ストレスが多い毎日が続いている方は1日1回、ハーブティータイムを設けてみましょう。

美味しい飲み方は>>次のページ