ラクラク30秒! 快眠骨盤ダイエット

■ストレッチ前に仙骨のウォーミングアップ
まずは、仙骨周辺を軽く触ってウォーミングアップ! 座っていても、立っていても、そして寝ていてもできますので、気軽に触って筋肉の緊張、コリを緩和させましょう。


 
001

中指の先がおしりの割れ目を指す位置

1.お尻の割れ目に中指を当てると、手のひら全体に触ることができる部位が仙骨になります。


 
002

指先で軽くさする程度で大丈夫です

2.仙骨の位置を確認したら、手の平部分から外側3cm(お尻の真ん中)あたりまでを広範囲にさすっていきましょう。

左右の骨盤にゆがみがある人は、ゴリゴリしたり違和感があったりします。気持ちよい程度にほぐしましょう。寝て行う時はうつぶせになりましょう。


 

■快眠力アップ仙骨ストレッチ

手で触ることのできない深層の筋肉はストレッチでほぐしていきましょう。

 

003

股関節やひざ関節のかたい方は曲げられる位置で足首を持って

1.座った状態で左脚はまっすぐにして右足首を両手で持ちましょう。

 

004

おしりあたりの筋肉が伸びているのを感じましょう

2.足首を胸に向けてまっすぐに引きつけましょう。

 

005

脚を胸に引き寄せるほどストレッチ力は強くなります

3.反対も同じように交互に3回、各10秒ずつを目安に行いましょう。

 

■ゆがみリセット仙骨・背骨・頭ストレッチ
仙骨は背骨につながり、背骨は頭につながります。さまざまな伝達がうまく伝わるように仙骨、背骨、頭のゆがみをリセットしましょう。

 

006

左ひじを右ひざの横に当てるとひねりやすくなります

1.右脚は伸ばし、左脚を右脚に交差させ、右腕を左ひざにのせましょう。

 

007

顔も同じようにひねり、目線はなるべく後ろへ向けましょう

2.腰から体をひねっていきましょう。

 

008

呼吸を止めず、息を吐きながら

3.反対も同じようにお尻から背骨、首から頭に強さを感じる程度に伸ばしていきましょう。反対側も交互に3回、各10秒を目安に行いましょう。

 

日常生活を根本的に変えるのはものすごく大変なこと。就寝前に30秒骨盤ストレッチを取り入れて、質の良い睡眠をとっていきましょう。寝ながらダイエットができるなんてラクですよね~。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。