ウソ?ホント? 睡眠時間が短いと太りやすい?!

010

睡眠と肥満の関係性

睡眠時間が十分でないと、体にさまざまな弊害がでてくることはみなさんもよくご存知だと思いますが、肥満にも大いに関係があることはあまり知られていないのではないでしょうか?
実は、睡眠時間が少ないとダイエットにも悪影響を及ぼすことが医学的にも証明されています。

たとえば、アメリカコロンビア大学で行った調査によると、睡眠時間7~9時間の人に比べて、6時間で23%、5時間で50%、4時間では73%増しの人が肥満傾向であったそう。(32~59歳の8000人を対象)
011

遺伝子的にも証明


また、アメリカワシントン大学で行った、一卵性・二卵性の双子、合計1088組を対象に行った調査では、双子のうち睡眠時間が長い方のBMI値(肥満度指数)が低いことが判明。遺伝子が、睡眠時間が短いほど体重を増加させようとする傾向があることが解明されています。睡眠時間と肥満にはふか~い関係があったのですね!