ほろ苦さを卵でくるんで。ゴーヤの卵炒め

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかず炒め物

 

ナンプラーで味と風味をつけるエスニック風な炒め物

夏野菜ゴーヤと卵を炒めるだけの簡単レシピです。桜海老を加えることで香ばしさと旨みをアップ。ナンプラーでエスニック風に味つけしました。ゴーヤの苦さが桜海老やナンプラーの香りと、卵のまろやかさで、食べやすくなっています。苦手な人も、ぜひ一度お試しあれ。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『ココナッツミルクだれのそうめん定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

ゴーヤの卵炒めの材料(2人分

ゴーヤの卵炒めの材料
ゴーヤ 1/2本
1個
桜えび (乾燥)小さじ2
ナンプラー 大さじ1/2
少々
こしょう 少々
サラダ油 大さじ1/2

ゴーヤの卵炒めの作り方・手順

ゴーヤの卵炒めの作り方

1:下ごしらえする

下ごしらえする
ゴーヤを縦半分に切り、種とワタを取り除いて、薄切りにします。卵はよく溶いておきます。

2:炒める

炒める
フライパンのサラダ油を熱し、桜海老を加えて炒め、香りが立ったら、ゴーヤを加えて、さっと炒めます。

3:味を整える

味を整える
ナンプラーと塩こしょうで味をつけたら、溶き卵を加えます。半熟状になったら、火を止めます。

ガイドのワンポイントアドバイス

卵は固くしすぎないように、加えてひと混ぜしたら、すぐに火を止めましょう。余熱でも固くなります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。