2. 頻繁に背伸びをする


image

背伸びでふくらはぎの筋トレ

ストッキングの力を借りてむくみ対策をすると同時に、やはり根本的にむくみにくい脚になりたいもの。そのためにはふくらはぎの筋肉を鍛えることが必須課題!ふくらはぎの筋肉を鍛える方法としてはかかとの上下運動が代表的ですが、わざわざエクササイズの時間をとらなくても日常生活の中でいくらでも鍛えることは可能。

歯磨きや洗い物中に背伸びをしてみたり、普段よく使うものを高い位置に収納して背伸びして取ったり、日常の中で背伸びする機会を多く持つようにしましょう。

CAもフライト中、手荷物の収納や棚の開け閉めなどで頻繁に背伸びをしているのですが、実は背伸びをしなくても届く場合でもあえて背伸びをして筋トレしているのです。脚の血流が良くなりぽかぽかして気持ち良いですし、慣れてくると無意識に背伸びしてしまうようになりますよ。

 


3. 着圧ソックスでその日のむくみはその日に解消

image

就寝中もむくみ解消!

1,2を実践しても多少はむくんでしまうもの。むくみは溜まれば溜まるほど解消が難しくなるので、その日のむくみはその日のうちに解消することが大切です。

そんな時に役立つのが着圧ソックス。CAも旅先には欠かさず持参し、フライト中も少しでも時間があると着用してその都度むくみを解消しています。帰宅後のリラックスタイムに履くもよし、就寝中に履くもよし(その場合は必ず就寝中用のものを選んでください)、自分のライフスタイルに沿って取り入れてみてください。長さもデザインも種類が豊富にそろっているので、季節やシーンごとにお気に入りのものを揃えるのも楽しいですよ。圧迫感で苦しく感じてしまう方は膝下タイプがおすすめです。

 


いかがでしたでしょうか。むくみは溜まってしまうと手を付けられないことになってしまいますが、日常の中でこまめに解消していれば案外怖くないもの。この3ヶ条を毎日の習慣にして、むくみと無縁のほっそり脚を目指しましょう。





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。