食材ひとつで簡単おかず。新玉ねぎの梅だれサラダ

所要時間:5分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

瑞々しさいっぱいの新玉ねぎをたっぷり食べる!

生の玉ねぎをたっぷり使ったサラダやマリネはその食感や香りがとても美味しいもの。でも、時にしっかり水にさらしたあとでも、その独特な辛味や香りが強く残り、食べたあとに口がくさくなったり、胃が熱くなることがあります。でも、この時期ならではの新玉ねぎなら辛味や香りが柔らかく、生のままでも遠慮なくたっぷり食べられるの嬉しいところ。

そこで今回は、新玉ねぎを使った簡単サラダのレシピをご紹介します。瑞々しい食感が楽しめる新玉ねぎに酸っぱい梅だれドレッシングがよく合います。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『キャベツと海老の塩蒸し定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

新玉ねぎの梅だれサラダの材料(2人分

新玉ねぎの梅だれサラダ
たまねぎ (小)1個
鰹節 少々
あさつき 少々
梅だれドレッシング
梅干 1/2個
大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
醤油 少々

新玉ねぎの梅だれサラダの作り方・手順

新玉ねぎの梅だれサラダの作り方

1:切る

切る
新玉ねぎをスライスします。

2:ドレッシングを作る

ドレッシングを作る
梅干しの種を取り除いて、包丁でよく叩き、他のドレッシングの材料を混ぜ合わせます。新玉ねぎを器に盛りつけ、ドレッシングをかけ、かつお節とあさつきを散らしたら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

新玉ねぎは辛味が少ないので、水にさらさなくても食べられます。どうしても気になる場合は短時間で。スライスしてから30分くらい置いておくことでも辛味やニオイが落ち着きます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。