3日目のお雑煮、すまし仕立て

所要時間:20分

カテゴリー:おせちお雑煮

 

3日目のお雑煮、すまし仕立て

お雑煮も3日目を迎えると少し飽きてしまいます。そこで3日目は"すまし仕立てのお雑煮"で味を変えてみませんか?

具材は餅、水菜、湯葉でシンプルに。だしの旨みと水菜のシャキシャキ感でお代りしたくなりますよ!


3日目のお雑煮 の材料(2人分

3日目のお雑煮
2個
水菜 50g
平湯葉 1枚
だし 300ml
薄口醤油 小さじ1/2
小さじ1/4
お餅の数はお好みで増やしてください。だしはかつおと昆布のだしを使っています。

3日目のお雑煮 の作り方・手順

3日目のお雑煮

1:

水菜は茹でて水けを切り、5cm長さに切る。平湯葉は水に10分ほど浸けて戻し、餅は鍋で柔らかくなるまで茹でる。

別の鍋にだしを温め、塩・醤油で調味する。

2:

平湯葉を広げて3cm幅の帯状にカットする。

水けを切り、ひとまとまりにした水菜を端からくるくると巻く。 平湯葉は薄くて破れやすいので注意!

3:

器に柔らかくした餅、湯葉で巻いた水菜を盛り付け、温めた汁を注いで完成。

ガイドのワンポイントアドバイス

お好みで人参、大根などを加えて具だくさんにしてもおいしいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。