他人や環境への不満ばかりが募る「くれない族」とは

くれない族とは?

口を開けば「○○してくれない」ばかり……そんな自分になっていませんか?


気づかないうちに「○○してくれない」という言葉が、口ぐせのようになっていませんか?

「夫が話を聞いてくれない」「彼氏がどこにも連れて行ってくれない」「子どもが親孝行をしてくれない」「誰も私のことを評価してくれない」など、他人や環境に対して「〇〇してくれない」という思いが多くなっている人を「くれない族」と呼びます。

<目次>  

「くれない」という不満が、怒り・恨みに発展することも……

「どこにも連れて行ってくれない」とつぶやいても、寂しさが募るだけ

「どこにも連れて行ってくれない」とつぶやいても、寂しさが募るだけ


「くれない」という感情は、家族やパートナーなどの親密な相手に向けられることが多いようです。親密な相手だからこそ多くの期待を抱いてしまい、それがかなわないと「○○してくれない」という不満に転じてしまうからです。この不満は放っておくと怒り、そして恨みにまで発展してしまいます。

いくら近しい間柄でも、相手にも事情や都合があり、常に自分の期待に応えてくれるとは限りません。たしかに、恋人が仕事などでいつも忙しいと、「彼はどこにも連れて行ってくれない」という不満が生じることもあるでしょう。しかし、その思いをそのままぶつけると、彼にも「俺の事情をまったくわかってくれない」という「くれない」思いが生じ、感情のぶつかり合いになってしまいます。すると、お互いの気持ちはすれ違う一方です。

では、こうならないためには、どうしたらよいのでしょうか?
 

「くれない族」の心理とは……親しい相手に頼りすぎる気持ち

「誘われ待ち」をやめて、自分から提案してみては?

「誘われ待ち」をやめて、自分から提案してみては?


「くれない」という不満が生じやすい人には、他者に頼りすぎる傾向が強いのかもしれません。相手がしてくれることを待つ前に、自分から相手にできることを考え、提案していますか?

たとえばデートの場合、恋人からの誘いを「待つ」だけではなく、自分からも二人でできそうなことを提案してみる。「今開催されてる絵画展を見に行こうと思うんだけど、一緒に行かない?」「いい季節だし、山登りに行きたいと思うんだけど、週末にどう?」――こんな風に二人でやってみたいことを提案し、相手が選べるようにしてみてはどうでしょう。

もちろん、相手にも都合や好みがあります。OKの返事が得られなかった場合には「一人で行ってこよう」「友達にも声をかけてみよう」というように、思考を切り替えてみましょう。このように、やりたいことは一人でもやってみたり、恋人にこだわらず他の人も誘ってみたりすると、恋愛関係はもっと自由で楽なものになります。

いつでも一定の人を頼っていると、相手は負担に感じてしまうものです。これは、恋人同士だけでなく、仕事や友人関係などのあらゆる人間関係でも同様です。
 

自分自身への不満が「くれない」のつぶやきに

「時間の充実」を意識すれば、「くれない」のつぶやきも消えていく

「自分の時間の充実」を意識すれば、「くれない」のつぶやきも消えていく


また、親密な相手に「くれない」という不満を抱く背景には、自分に対する不満が関係しているのかもしれません。

たとえば、やりたいことが分からない、仕事がうまくいかない、能力に限界を感じる――このように自分自身に対して不満を感じていないでしょうか。人は自分に対する不満が募ると、自我の安定が侵される危機感を覚えます。すると「私がこういう状態なのは、夫が○○してくれないから。家族が○○してくれないから」というように、身近にいる人に責任を転嫁してしまうことがあります。他人のせいにできると、自我の安定を守ることができます。これを心理学では「防衛機制」と呼びます。

私は、自分の充実感は、自分が使っている「時間の充実」に比例すると考えます。人の命とは、本人が日々使っている「時間」のことだからです。したがって、私たちが日々使っている時間がもっと充実したものになれば、自分への不満は減少します。私は、そのための方法として、「アウトプット」「インプット」「パスタイム」の時間のバランスづくりを提案しています。

「アウトプット」とは、仕事や家事、育児、ボランティアのように、自分の力を外に向けて発揮することです。「インプット」とは、勉強や体力づくりなどを重ねて自己形成をすることです。「パスタイム」とは、娯楽や骨休めで自分をいたわり、癒すことです。

たとえば、「外では仕事ばかり、家では寝るだけ。忙しく、むなしく毎日が過ぎていく」という人の時間は、アウトプットとパスタイムに偏りすぎてインプットが不足しています。こうした人は「誰も私の辛さを分かってくれない」というように、自分への不満を「くれない」に変えて他人に向けるより、自分の時間のバランスを考え、インプット(勉強、体力作りなど)の時間を増やしていくといいでしょう。そのためには、仕事量を減らすことも必要になるかもしれません。このように工夫すると「くれない」思いも減っていくと思います。

ほかにも、たとえば「毎日テレビを見るばかりの生活で、飽き飽きしている」という方は、自分の時間がパスタイムに偏り、アウトプットやインプットが足りていないのかもしれません。ならば、アウトプットとインプットを取り入れてみてはどうでしょう? たとえば、仕事やボランティア、勉強を始めたり、ブログ執筆などのクリエイティブな活動を始めてみるのもいいかもしれません。このように自分の時間を変化させると、身近な人に「くれない」思いを向けることもなくなり、自分自身が充実してくると思います。

このように「くれない族」の不満の背景には、親しい相手に頼りすぎる気持ちと、自分自身への不満(≒自分の時間の充実不足)が関係している可能性があります。そうしたことに目を向けず、他者に「くれない」という不満をぶつけていると、相手との信頼関係が壊れてしまうかもしれません。そうならないためにも、まずは自分の時間からよりよく変えていきませんか?

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項