アラフォー女性が抱える母娘関係の悩み

母娘

「年の功」だけで、誰もが良好な母娘関係を築けるわけではありません。良好な関係を築くコツは、あるのでしょうか?

成長の過程で多くの娘が経験する、母親への複雑な思い。40歳前後の年齢になっても、母親との付き合い方に悩み続ける女性はたくさんいます。

性格が正反対で相性が合わないこともあるでしょう。たとえば、母は娘と友達のように付き合いたいのに、娘はベタベタするのを好まない。娘が母に甘えたいのに、母はマイペースでさっぱりしている。このような性格の違いは、いかんともしがたいものがあります。

母親から、結婚や出産についてとやかく言われること。子育てについて自論を押し付けられ、口出しをされること。自分に対して「私の育て方が間違っていたのかも」などと残念な評価をされること。こうしたことを言われるから、母親は苦手という方もいます。
 
さらに母娘間の葛藤には、ジェネレーション・ギャップも影響しています。たとえば、1940~50年代生まれの母親世代には、「妻は控えて夫を立てる」「盆暮れにはお中元・お歳暮を欠かさない」などと考える人が多いもの。一方、1970~80年代の娘世代には、夫婦は対等と考え、しきたりにこだわらない人が多いものです。

このように世代が異なると、価値観は大きく異なります。母と娘、どちらにとっても常識が通じないので話が平行線になりやすく、ストレスを感じやすくなります。
 

若い頃とは別物? 成熟した母娘関係の新たなストレス要因 

母と娘の問題には、年齢的な課題もあります。高齢期となった母親は、年々無理がきかなくなります。すると娘には、介護などの心配が現実味を増してきます。さらに遠方の場合には、親の健康や生活の状態が心配で、気を揉むことが増えていくでしょう。

また、家庭を持つ中年期の娘は、お金の心配に振り回される年代に入ります。同時期に、親の貯蓄や年金が不十分な場合、娘が親への資金援助まで考えなければならないケースもあります。すると、お金の苦労を二重に抱え、経済的にも大きなストレスを抱えてしまいます。
 

40代のうちに……母娘関係のストレスを早めに解決した方がよい理由

課題から目をそらしても、いずれは直面せざるを得ない時がやってきます。たとえば、生活資金、実家の整理や墓、遺産のことなど、いずれは直面しそうな現実的な課題は、親が元気なうちに少しずつ話し合っておきたいものです。

また、子育てが一段落すると、次は自分が親から頼りにされる側に変わります。大変かもしれませんが、自分の家庭のことだけでなく、将来の親とのかかわりまで見据えて、時間やお金になるべく余裕を作っておきましょう。

とはいえ、現実的な課題は自分一人だけで抱えこまないことが大切。活用できそうなサポート資源を調べ、パートナーや兄弟姉妹とも話し合い、協力しあえる体制を整えておくとよいでしょう。そのためにも、親に対する感情を整理し、周囲の人との関係をできるだけ良好なものにしておくことです。
 

高齢期の心理への理解を……愚痴の背景にあるのは「不安感」

40代の娘の母親世代の多くは、60~70代の高齢期です。高齢期は、健康、若さ、お金、仕事、人間関係などのさまざまな「喪失」に直面します。そのため、心がとても不安になり、悲観的な言葉が増えていきます。

そうした現象だけを見て「いつも愚痴ばかり」というように批判するのではなく、その背景としての「高齢期ならではのさまざまな喪失への不安」を理解する必要があります。そして、親の思いをまず受容し、「そういう状況に置かれたら、たしかにつらいよね」と共感的な受け答えをしながら、話を聞いてあげましょう。
 

成熟した大人としての母娘関係を構築する方法 

良好な親子関係を作るためには、 時々実家に帰って一緒にご飯を食べ、話を聴くことがいちばんです。海外旅行や豪華なレストランに連れていくなど、特別なことをしなくてもよいのです。実家に帰って顔を見せ、親の話を聴きましょう。
 
会話が盛り上がらなくてもよいのです。何気ない話をしながら、顔色はどうか、話し方はしっかりしているか、話の理解ができているか、足腰はしっかりしているか、体調はどうか、食欲はどうか、夫婦仲はどうか、知人・友人・ご近所・親戚との人間関係はどうか、お金の心配はないか、無駄な出費をしていないか、家の中は乱れていないか、清潔になっているか、といったことを確認します。

 「いつもそばにいてあげられなくてごめんね」「私ばかり楽しんでいるのかな」などと、引け目に感じる必要はありません。子どもが自分らしい人生を送っていることが、親にとっていちばんうれしいことなのです。
  
また、ストレスのない親子関係を続ける上では、一定の境界線を意識することも有効です。「大事に育てているのに私が嫌い?親子関係のイライラ対処法」でも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項