子どもに「お母さんなんか嫌い!」と言われてしまったら……

親子げんか・思春期の娘

大事に育てているのに、「お母さんなんか嫌い!」と言われたら……。その言葉の裏にある感情に目を向けることが大切です

あどけない小学生、大人びた表情を見せる中学生。どの年齢であれ、子どもから「お母さんなんか嫌い!」などと言われてしまったら、親はショックを受けてしまうものです。
 
しかし、その言葉通りに受け取ってはいけません。子どもは本来、親のことが大好きです。でも、「親はちっとも自分の気持ちを分かってくれない」という思いが募ると「大嫌い!」という言葉につながってしまうのです。
 

思ったことをズケズケ言うと、子どもはとても傷つきます

子どもが親に対して不満を抱く理由は、さまざまです。たとえば、傷つくことをズケズケと言われること。「もうちょっと鼻が高かったらよかったのに」「もうちょっと頭が良ければねぇ」「どうしてそんなにいじけてるの?」「〇〇ちゃんをもっと見習ったら?」……このような発言です。

親子は距離がとても近く、遠慮のいらない関係。だからこそ、感じたままのことを伝えやすく、相手が傷つくようなことをポロリと伝えてしまうことがあります。

しかし、子どもはきつい言葉をかけられれば、やはり傷つきます。すると親のことを「無神経だから嫌い!」と思ってしまうことがあります。
 

大切に育てているのに、子どもから距離を置かれるのはなぜ?

子どもは、親を本心から嫌っているわけではありません。自分の気持ちを分かってもらえないことに憤っているのです。したがって、次の2つのポイントで子どもの怒りに対応することをお勧めします。
 
1. 怒りは「第2感情」。「第1感情」を受け止めましょう

「大嫌い!」などの怒りの感情は「第2感情」。怒りの前には必ず「第1感情」が湧いています。第1感情は「私のこと分かってほしい」「こうしてほしい」などの素直な感情です。第1感情を汲み取ってもらえないと、怒りという第2感情が生じてしまいます。

子どもの怒りに反応せず、まずは第1感情を汲み取りましょう。「こういう気持ちなのかな?」などと伝えて確認し、共有しましょう。すると、子どもは「気持ちがわかってもらえた」と感じ、怒りが治まります。
 
2. 思春期に親を避けるのは「大人になる通過点」と理解しましょう
 
小学生までの子にとって、親子関係は「世界の中心」。しかし思春期を迎えると、親からの巣立ちの準備が始まります。親から距離をとり、干渉を嫌うようになるのです。だからといって、親を嫌っているわけではありません。親に甘え続ける生活から脱皮して「親と対等に話せる大人」になろうとしているのです。

その態度は、親を避けているように見えるため「もう私のことは必要ないのかな?」と思ってしまうかもしれません。しかし、思春期の子にも親の存在は必要です。いつも家で一緒にご飯を食べたり、困ったときには相談させてほしいと思っているのです。
 

子どもが攻撃的な態度を向けたら「受容と共感」で対応する

親子関係がギクシャクし始めたら、お説教はやめましょう。まず「受容」と「共感」で、子どもの話を聞くことです。

「受容」とはどんな発言も否定せず、まるごと受け止めること。「そうか」「そうだったんだ」「うん、うん」といった相槌の言葉で話を聞くといいでしょう。「お母さん、ウザい!」などと言われても、ムキにならないこと。「そうか」などと言って、まずは気持ちを受容しましょう。

次に「共感」です。子どもの立場を理解し、「なるほど」「そう思うこともあるよね」「それはつらいよね」などという言葉を交えながら、話を聞くといいでしょう。自分の気持ちを伝えたり、質問をしたりするとよいでしょう。
 

感情的にならないために……「小休止」で気持ちをリセットする

多くの親御さんは、イライラを子どもにぶつけないように気を使っていると思います。とはいえ、子育てをしていればイライラしてしまうこともあるでしょう。怒りは自然に湧く感情。発生を止めることはできません。でも、後で困ったことにならないように対処することはできます。

イライラしたときには衝動的に気持ちをぶつけず、小休止すること。いったんその場から離れてみる、冷たい水を飲む、トイレに入る。このような小休止で気持ちをリセットし、いったん冷静になってから、次の行動に移るとよいでしょう。

以上のことを心がけるだけでも、親子で建設的な会話ができます。ぜひ、親子のよりよい関係を育んでいくためにも、参考にしてみてください。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。