2歳児のイヤイヤ期!負のスパイラルを避けるためにできることとは?

「これが魔の二歳児か…」そう思ったら2つの心理テクでイライラを回避しよう!

「これが魔の二歳児か…」そう思ったら2つの心理テクでイライラを回避しよう!

2歳過ぎから出てくるイヤイヤ期。その勢いに流されてしまうと、あっという間に負のスパイラルにはまってしまいます。そうなる前に知っておきたいママの心構えとは? この記事では、イヤイヤ期に陥りがちなママの心理にフォーカスし、うまく切り抜ける対処法を2つお伝えしていきます。
   

魔の2歳児の勢いに流され、ママのイライラ期にならないために……

第一反抗期、俗に言う「魔の二歳児」の時期。ついこの間まで、素直で愛らしいばかりの我が子が、突如、「イヤイヤ」を連発するようになり、その変貌ぶりに、ママもショックを受けたり、逆ギレしたくなったり……。でも、心の中には、「『イヤイヤ期』は心の成長に欠かせないものだから、我が子の変化をちゃんと受け入れてあげなくちゃ」とハッパをかける自分もいて、その葛藤に苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

相手に反抗されて、いい気分になる人はいません。誰もが、気分を害されます。まして、それが自分にとって大切な人だったら、なおさらです。だから、我が子のイヤイヤに、ママがイライラしてしまうのは、ある意味、自然な流れなのです。

ただ、その勢いで一緒に流されてしまうと、母子ともにいいことはありません。イヤイヤ期は、そのまま放っておくと、イライラ期になり、ママのイライラした様子に、子どものイヤイヤはさらに加速、ママはもっとイライラするようになります。これまでに何度か失敗し、負のスパイラルに突入した経験があるママなら、「母子ともにいいことなし」の真意を実感していただけることでしょう。

では、それを避けるためにはどうしたらいいのでしょう? それは、子どもを変えようとする気持ちは潔く全て捨て、ママ自身のアプローチを変える試みがおすすめです。

ここでは、魔の二歳児のイヤイヤ期を出来る限り心穏やかに過ごすためのコツを、2つの心理テクに絞ってお伝えしていきます。
 

イライラを起こすのは拡大解釈のせい

私達がイライラするときには、共通の原因が2つあります。そのうちの1つが、「拡大解釈」によるイライラ感。

例えば、
  • 食事中、食べ物を投げる
  • 公園で友達を叩く
  • 「帰るよ」と言うと、必ず駄々をこねる
  • 大事な紙にいたずら書きをする、破る
これらは2歳前後の子のママから寄せられるお悩みで多いもの。確かに1つ1つを見ても、どれも良い行動とは言えませんね。どれも望ましくない行動です。これらを1つ1つ丁寧に叱ってあげるのはとても大切なこと。しかし、解釈を飛躍させ、

「目を離すとすぐにいたずらばかり!」
「どうしてママを困らせるようなことばかりするの! 悪い子ね!」
「ママとの約束を破るなんて、ひきょうよ!」
「なんてダメな子なの」

のように叱ってしまうと、その途端に、子どものイヤイヤは加速し、ママのイライラも爆発寸前に!

拡大解釈によるイライラ感とはこのようなことを指します。1つ1つを丁寧に叱らずに、ザックリとまとめて叱ってしまうことで、ママのイライラも巨大な塊へと成長してしまうのです。

確かに、大切なものを壊す、食べ物を粗末に扱う、叩く、けるなどの暴力をする、ママとのお約束を守らない、これらは、どれも「悪いこと」ではあります。でも、だからといって、「悪い子」ではありません。

人は相手に「全否定」されてしまうとどうなるでしょうか? 一番分かりやすいリアクションは、「反発」です。自分のことを全否定する相手には、その勢いでやり返したくなります。もう1つのリアクションは、「閉じこもり」です。「自分は全部否定された。ということは、存在する意味がない」と自己否定に走ってしまうのです。

特に2つ目の「閉じこもり」は要注意。なぜなら、自己否定感はその子の人生に直接インパクトを与えるほどの大きなダメージになってしまうからです。
 

「イヤイヤ期」を「イライラ期」にしないための1つ目のコツ

  • 悪いことと悪い子を同義にしない
  • 子どもを「○○な子」で否定しない
拡大解釈をしていないので、子ども自身を否定することがないばかりか、ママのイライラ防止にも役立ちます。
 

情報の選択ミスがイライラを起こすケース

難しそうな魔の2歳児期も、コツをつかめば楽しく過ごせる!

難しそうな魔の2歳児期も、コツをつかめば楽しく過ごせる!

イライラの原因の2つ目、それは、「情報の選択ミス」によるイライラ感です。

イライラしているときに限って、
  • 子どもが、次々といたずらをする
  • 夫の言動が全て嫌味に聞こえる
そんなことはありませんか? 実はこのようなことが起こるのは、私達の目、耳、そして心が関係しています。

私達人間は、目に見えるもの、耳に届くもの全てを取り込むわけではありません。「全て」となると頭がパンクしてしまいます。そうならないために、私達は、目に見えるもの、耳に聞こえるものの中から、「自分に都合のいい情報」を集めています。つまり、自分好みの情報を選んで拾ってくるんですね。

自分好みといっても、「良い情報」ばかりではありません。イライラしているときは、そのイライラを助長させるようなトピックを拾いに行き、「やっぱりそうだ」「イライラして当然だ」と自分のイライラに見合う情報をかき集めてきてしまうのです。

つまり、いったん負の力が働きだすと、目も耳もそれを加速する行動を起こさせるというわけです。この流れが起こりやすいのがイヤイヤ期。ママは子どものイヤイヤを真っ向から受けてしまうと、どうしても子どもの「悪い行動」ばかりに目や耳が行きがちに。「自然にまかせると流されてしまうのがイヤイヤ期」と肝に銘じ、意識して情報を選ぶことがポイントです。
 

「イヤイヤ期」を「イライラ期」にしないための2つ目のコツ

  • 子どもの悪いところ、できていないことばかりを目で追わない
  • かわりに良いところ探しをする
ここでの最大のポイントは、「子どものポジティブな側面をどんどん拾うこと」にあります。子どもの良い所を意識して拾っているうちに、ママの心のサングラスがグレーからピンクに変わっていきます。著書 『輝くママの習慣』 でもおすすめした「心にピンクのサングラスをかける」という習慣。それが、イヤイヤ期特有の負の力を吹き飛ばす力となってくれるのです。
 

魔の2歳児だってほめるところは沢山ある!

「でも、今のうちの子、ほめるところなんて1つもないんです」とおっしゃるママもいるかもしれません。でも、魔の二歳児といえど、朝から晩までずっとママを悩ませることばかりしているわけではありません。ぜひ、この機会にじっくりと観察してみてください。

「イヤイヤ~!!」と叫ぶときは感情の出し方が派手になるので、印象に残りやすいだけで、たいていの時間は普通に過ごしているのではないでしょうか。普通どころか、愉快に楽しく過ごしていることも多いかもしれません。そんなお子さんの様子を目で追っていると、「実は、たくさんの良い所が敷きつめられていたんだ」ということに気づけるはずです。
  • ブロックがまた上手になった
  • 嫌いなトマトを頑張って食べた
  • すごい集中力!
  • 寒いのに風邪ひとつ引かず元気いっぱい
  • 公園でお友達にスコップを貸してあげた
1つ1つは小さな発見かもしれません。でもそんな良いところをいっぱい集めると、ママの心のサングラスが、少しずつピンクに色づいてくるのを感じられるはず。情報は選べるもの。ならば、魔の二歳児のたくさんの良い部分をとことん探し、ママのイライラをかき消してしまいましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。