イヤイヤ期の我が子を上手にリードするコツとは?

ママを悩ませる「魔の二歳児時代」。心の成長の大事なステップであると分かっていても、ついイライラしてしまいます。この記事では、魔の2歳児の心の中をのぞきながら、イヤイヤ期をいい形で過ごしていくための秘訣をお伝えしていきます。
イヤイヤ期は世界中の子が通る道

イヤイヤ期は世界中の子が通る道

 

魔の二歳児期は世界共通の成長するための大切なステップ

育児は何にも変えがたい素晴らしい経験です。ただ、1人の人間を育てるという事の大きさゆえ、時おり、「参った!」という時期もやってくるもの。その代表例が、魔の2歳児期ではないでしょうか。

この時期のことを英語では「Terrible twos(テリブル・ツー)」と言います。そのままズバリ、テリブルな(猛烈な、恐ろしい)二歳児! 世界中の子ども達が共通して通過する発達段階の1つです。そして、その裏では、世界中のママたちが同じように奮闘しています。


誰もが経験する母子のバトル

ではいったい、魔の2歳児はどれくらいの頻度でママに反抗するのでしょうか? アメリカの大学が行った研究に、魔の2歳児の実態を数値化したものがありますので、ここでご紹介したいと思います(*)。

その研究は、60人のママとその子ども達を対象に行われました。時期は、子ども達が、二歳半のときと三歳ちょうどのときの2回。各家庭へ訪問し、子どもとママとのやりとりを計測しました。

子どもの「No!」から発生する母子の言い争いの頻度には幅があり、一番少ない家庭で1時間に5回、一番多い家庭で1時間に55回という結果でした。このデータを見て、「1時間に55回も?」と驚かれましたか? 逆に、「うちなんかそれ以上よ!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。 

このデータから分かるのは、この時期の子どもを育てているご家庭では、多かれ少なかれ母子の言い争いはあって当然だということ。子どもの反抗に、つい感情的になってしまったという経験を誰もがしているのです。

>>次ページで、魔の二歳児の心の中をのぞいてみましょう。