第一次反抗期とは? 2~3歳でやってくるイヤイヤ期

2歳児

飛躍的に心が成長する2~3歳代

2~3歳にかけて多くの子が通る「第一次反抗期」。言うことを聞いてくれない小さな子ども相手に途方に暮れることも、数えきれないくらい経験する時期ですね。この時期は、自我が少しずつ芽生え始めた1歳代からさらに、飛躍的に心が成長する時期。少し冷静に観察してみると、「赤ちゃん」から「子ども」への成長の様子をまざまざと感じることができる味わい深い時期でもあります。

手ごわい第一次反抗期の様子から成長の様子を読み解き、寄り添う4つのポイントをご紹介します。

1. 要求する力の成長…「イヤイヤ」から「○○がしたい!」へ

1歳を過ぎ、意思の疎通が少しずつできるようになってくると、最初は子どもにも喜びが芽生え、やり取りを楽しむようになります。

「これ、ポイしてきて」「オムツを取ってきて」などと声をかけてみると、張り切って応えてくれることも出てくるでしょう。親も、「こちらの言っていることが分かってきている!」と大きな喜びを感じられる成長段階。子どもも、相手の声がけを理解して期待通りに行動でき、それに対して喜んでもらうことで、自信をつけていくころです。

育ち始めた「相手に意志を伝えられる自信」=自我の芽生えですが、やがて、イヤイヤ期につながっていきます。相手の思いが分かるからこそ、とりあえず「イヤ」と拒否してみたい。自分のお世話をしてくれる大好きな存在に、思い切って「イヤ!」と言ってみた時の小さな子どもの気持ちって、どんな感じなのでしょう!?  眉間にしわを寄せた親の表情(大抵は「とうとうイヤイヤ期が始まったの!?」と感じている……)も、子どもにとっては新鮮なものに映るのかもしれませんね。

そして、ひたすらイヤイヤを訴える時期から、さらに明確に「○○がしたいから、今、△△するのはいやだ」と訴えるようになってくると、いわゆる本格的な第一次反抗期といった様相に。まだ遊びたいから、ご飯を食べたくない、お風呂に入りたくない、寝たくない。まだここにいたいから、帰りたくない。この服が大好きだから、着替えたくない……。

赤ちゃんのお世話がテキパキできるようになったと思ったころにやってくる、イヤイヤ期、第一次反抗期。今度は、「気持ちを受け止めてそれを伝える」という作業が重要になり、慣れたお世話がスムーズに進まなくなってきますね。この時期はとにかく、「あなたがしたいことはことは分かったよ」と伝えてあげるのが一番。気持ちを受け止めてクールダウンさせることは、短い時間ですむことばかりではありませんが、そのワンクッションで、親子双方の気持ちが落ち着くケースも多いと思います。

>>通じなくなる「○○して」「○○しよう」。変化球も投げてみましょう。