泣く理由によって2つの違いがあった!

泣く理由によって泣き方に違いが!

泣く理由によって泣き方に違いが!

まだ言葉が出ない赤ちゃんにとっては、泣くことは大切な仕事。ネガティブな感情を外に伝えるための大切なコミュニケーションツールです。

親としては、その訴えをできるだけ早く、しかも正確に察知してあげたいもの。

最近、スペインの大学で行われた研究が、そんな親の思いをあっさりと解決してくれる興味深いデータを見出しました。(*)

その研究では、3~18ヶ月の赤ちゃん20人を対象に、次の3つのパターンでの泣き方の違いを観察しました。

  1. 怖くて泣いているパターン:「ママ、怖いよ~」という泣き声
  2. 怒って泣いているパターン:「ボク、怒っているんだよ!」という泣き声
  3. 痛くて泣いているパターン:「痛いよ~、何とかして~」という泣き声

観察の結果、これらを見分けるのに役立つ2つのポイントが存在することが分かりました。それは、

  1. 目の開け具合
  2. 泣き声の変化

でした。

>>次ページで、この2つのカギを詳しく見ていきましょう。


出典: Spanish Journal of Psychology (2012)「Infant Crying: Pattern of Weeping, Recognition of Emotion and Affective Reactions in Observers」より