「背中スイッチ」って何?

泣き始めの赤ちゃん

下ろしたら、起きちゃった……

赤ちゃんを抱っこでユラユラ寝かしつけ……。ようやく寝落ちしてくれた!と布団に下ろした途端に、フギャフギャ、ウワーン! この「背中スイッチ」の存在に、寝不足でつらい気持ちが続いた経験がある方も少なくないでしょう。

新生児期や月齢の低い頃は、眠りのリズムも定まらず、昼夜問わない授乳の後にスムーズに寝てくれないと、お母さんは産後の体調回復もままりません。イライラしたり、この状態が永遠に続くような悲壮感に包まれたりします。

多くの人が経験し試行錯誤することであり、特効薬はありませんが、「背中スイッチ」が押される原因を考え、赤ちゃんのスムーズな眠りに向けて工夫したいですね。


赤ちゃんの背中スイッチ対処法

何で完全に眠ったようだったのに下ろすと泣くの? 赤ちゃんが教えてくれないと実際のところはわかりません。でも、抱っこをしていた腕から布団に下ろすことで何が変わるのか?ということを考えてみると、それを改善する対処法はあります。

・温もりの変化を小さくする
抱っこしている赤ちゃんの体温と抱っこしている人の体温の相乗効果でとても温かな腕の中から、布団の上に移ると、温度の変化があります。この変化を赤ちゃんは敏感に感じ取るのかもしれません。そこで、タオルやおくるみで赤ちゃんを包んだ状態で抱っこして寝かしつけをし、くるんだままで下ろすことで、体感温度の差を小さくすることができます。次第にお気に入りのタオルなどができてくれば、包まれているものの感触、においによる安心感も続きますね。

・姿勢の変化を小さくする
抱っこの丸まった状態から布団に下ろされると、姿勢がかなり伸ばされた状態になったり首の角度も変わります。これを和らげるためにも、おくるみで巻いて平らな布団の上に少し傾斜を作って下ろしたり、授乳クッションごと抱っこしてそのまま置くというのも、1つの方法です。授乳クッションがなければ、厚手のタオルや感触のいい毛布などを背中の下に敷いて抱っこしてみてもいいですね。

・腕の抜き方に慎重になる
赤ちゃんをお尻からそっと下ろし静かに両足を置いた後、抱っこしている人の両腕で背中を支えるようにしながら少しずつ寝かせていき、最後に首の下に入れていた方の腕をそっと抜いていきます。腕を抜かない状態で布団をそっとかけ、しばらく添い寝してから腕を抜くなど、赤ちゃんの呼吸を感じながら色々試してみてください。
おくるみの巻き方の例

おくるみの巻き方の例


>>>環境づくり、時には開き直りも