エンドレスに続く「あと1回で終わり」の泥沼

木琴で遊ぶ女の子

「あと1回で終わり」はいつまで続くの?そう思うことありますよね。

「あと1回で終わり」と約束したのに、なかなか遊びを切り上げられない。公園から帰りたい、お昼寝させたい、お風呂に早く入れたい…。後のスケジュールのことを考えると、ママの気持ちも焦ってきますよね。

主に2歳くらいの子にとって、「やりたい」気持ちをコントロールするのは、難しいもの。子供の気持ちを次の行動に導けるかが、課題になってきます。「あと1回で終わり」を成功させるために必要なのは、「満足感」や「納得感」を味わうこと。十分に味わえた子は、「あと1回で終わり」も納得できます。一方で時間をどれだけ費やしても「満足感」「納得感」がないと、いつも欲求不満の状態に。もちろん「あと1回で終わり」」は通用しません。

このやりとりの辛いところは、1日に何度も繰り返されるということ。その分、ママのストレスが高くなる場面とも言えます。お互いののストレスを最小限にするためにも、「あと1回で終わり」を成功させる、関わりのポイントをご紹介していきましょう。

事前に約束!「はじまり」「終わり」を伝えよう

子供にとって一番残念なのは、楽しい時間が突然終わること。時間の感覚がわかっていない月齢であればなおのこと、残念な気持ちが派手に表現されます。これを回避するためにも、遊び始める前に、「はじまり」「終わり」を伝える習慣を作りましょう。 そうすることにより、子供も心の準備ができます。また、「時間には限りがある」ということを学ぶのはとても大切です。後々、時間の使い方を自分で考えることにもつながります。

終わりの時間はわかりやすい方法で伝える

この時期、まだ時間の感覚はあいまいです。「15分で終わり」というのは理解できないと思ってください。子供にわかる方法で伝えなければ、知らないのと同じ。ぐずりの原因にもなります。そのためにも、伝える時には子供が理解できる方法を選ぶようにしましょう。

例えば、時計の文字盤の横にシールを張り、「うさぎさんのシールの所まで」と伝えるのはいかがでしょう。遊びながら目で確認することもでき、時間の感覚を養うことにもつながります。また、タイマーををかけ、鳴ったら終わりというのもお勧めです。