「イヤイヤ」いうのと同じくらい大変!2歳児のこだわり

何に対しても「イヤイヤ」いう2歳。基本のお返事は「イヤ」。そして、昨日は大丈夫だったのに、今日は頑なに拒否することもある。同じことを繰り返しやりたがり、やらないとひっくり返って大泣きする。「理解不能!」 と感じられるのが、この時期の「こだわり」です。

青空の中で傘をさす子供

2歳児のこだわりあるある。あなたのお子さんのこだわりは何ですか?

  • 同じ洋服を着たがる
  • 着替えを嫌がる
  • 晴れていても長靴を履きたがる
  • 入浴を激しく拒否するが入ると出たがらない
  • ママにやってほしいけど自分でやりたい
  • 自分で絶対にできないこともやりたがる
  • スプーンを置く場所が嫌
  • フォークを置く向きが気に入らない
  • 袋におもちゃを詰めて持ち歩きたがる(でも遊ばない)
  • 決まったおもちゃを片手にどこへでも行く
  • エレベーターのボタンを自分で押さないと気がすまない
  • スーパーに行くと決まった順番で同じことをやりたがる
こうやって書き出してみると、2歳児ってなんとも不可解に見えます。そしてもっと厄介なのは、これが「いつも」起きるわけではないという所。昨日はあんなにこだわっていたのに、今日は全く気にもとめずに過ごしている。いつもある姿なら関わりの対策も立てやすいですが、こだわりが日替わりであるということも、ママがストレスをためやすい要因とも言えます。

「こだわり」を大切にした関わりのメリットと無視するデメリット

困りごととして扱われやすい「こだわり」。でも決して悪いものではありません。「こだわり」は強い興味、「自分でやりたい」という想いの現れ。2歳児は好奇心の塊なのです。

子供の「こだわり」を大切にした関わりをすることで、物事を追求する気持ちが育ちます。1つ1つのことを、思う存分に追求し満足する。「納得する」感覚は、自分の気持ちと折り合う力を育む助けとなるでしょう。何よりママに気持ちを尊重してもらえることで、子供の情緒が安定します。そして寄り添うと同時に、ママとのルールをしっかりと心がけていくのも意識してみましょう。

大人としては、こだわると長いから回避したいという思いも生まれるとは思います。しかし、注意する、やめさせるというのはNG。好奇心が満たされないことで、常にイライラしている状態になりかねません。後々大きくなってから、何も興味を持たない無気力な子になるリスクも高まってしまいます。

→「こだわり」を大切にした関わりとはどのようなものでしょうか?
次のページでご紹介します。