わざと困らせて相手の愛情を図る「試し行動」

子供のママを困らせる行動。それは子供の心からのSOS。早めに気づいて対応が吉です!

試し行動は子供の心からのSOS。早めに気づいて対応が吉です!

「試し行動」とは、自分をどの程度まで受け止めてくれるのか探るために、わざと困らせるようなことをする行動のことを言います。

「虐待を受けた子=大人を信頼していない子供」には、特に強く見られる行動です。

2歳くらいの子供だと、物を投げる、泣き叫ぶ、かみつく、度の越えるワガママなど。4歳くらいになると、直前に叱られたことを、再度繰り返す。前にも注意されたことをあえてする。ママの顔を見ながら、アピールするように注意されそうなことをするなどが挙げられます。

ポイントは子ども自身が「悪い」とわかっていることを、大人の顔色を見ながら、気を引くように、あえてするところにあります。これは大きくなったから自然に消滅するというものではなく、親の愛情が確認できるまで、形を変えて表現されます。

何度伝えても伝わらない時は、悲しい気持ちになったり、感情的に怒ってしまった時には、自己嫌悪に陥ったり、罪悪感に包まれママの心も揺れますよね。そこにさらに子どもが揺さぶりをかけてくる。正に親としての在り方が試される瞬間です。

 

子供が「試し行動」をする理由

泣いてる子供

わざと困らせて親の愛を試す

試し行動の裏にある子どもの想いは、ただ一つ。「こんな僕/私でも愛されてるのか?」「さっき怒られたけれど、ママは僕/私を嫌いになっていないのか?」親からの愛情が変わらないものか確認するためです。大人を信頼しても良いのかを、確認している作業ともいえます。

 


虐待の子だけに見られる行動か?

「私は虐待していないし、試し行動は関係ないわ!」
もしかしたらそう感じている方もいらっしゃるかも知れません。でも、実は試し行動は虐待を受けた子だけに見られるわけではありません。

子どもがママに対して不信感を抱くと、試し行動が見られます。例えば、子どものことを感情的に怒ったり、日によって言う内容が違ったり、怒る内容が違ったりすること等です。

>>次ページでは「試し行動への対処法」について、解説していきます。