心が疲れているとネガティブに……悲観的な発想をしやすくなる原因とは

心が疲れるとネガティブに?

「自分で自分を追い込んでいるのかも…」そう感じた時には、ストレスがたまって自分の発想が悲観的なものになっていないか、振り返ってみましょう


あなたは、日常にストレスが多いと感じますか? 少ないと感じますか? 同じ状況で同じストレスを受けていても、そのストレスを大きく感じる人もいれば、さほど感じない人もいます。この違いには、その人の性格や感受性の違いだけでなく、心の健康状態も影響しています。

たとえば、もともとは物事を深刻に捉えず大らかな人でも、毎日のように残業が続いていたり、睡眠不足で余裕がなくなっていたり、周りに自分の負担を理解してくれる人がいなかったり、といった状況に置かれると、心は疲弊してしまいます。

すると、冷静さを失って焦りを感じたり、自信をなくしたり、自責の念が募ってしまったりするものです。具体的にどんな考え方の傾向が出てくるのかを、以下でいくつか挙げてみましょう。
  • 自己評価が低くなる
  • 他人に対して苛立ちや不満を感じる
  • 否定的、悲観的な表現が多くなる
  • 「これができなければ負け」というように○×思考が強くなる
  • 「~ねばならない」といった義務の言葉が増える
 

心が疲れていると感じたら、できそうなことからストレスを小さく

心が疲れていると感じた場合にすべきこと

心が疲れていると感じた場合にすべきこと


このような発想のままで生活をしていると、その発想がさらなるストレスを招き、自分自身をさらに疲弊させてしまいます。では、こうした発想から脱するためには、何をすればよいのでしょう?

気分転換をする気分にもなれず、憂うつが続いている、よく眠れない、食欲が減ったなどの具体的な変化が生じている場合は、うつ病などの心の病気の可能性も考え、精神科医を受診することなども大切です。

そこまでではなく、考え方や生活習慣を変えることで気分が変わりそうな場合には、まずはゆっくり休養をとって心身を休ませることが第一。しっかり休んで気持ちが楽になってきたら、次のような行動の中からできそうなことを実践してみるとよいでしょう。
  • 物事に優先順位をつけ、同時にいくつものことに手を出さないようにする
  • ゆっくり休める場所、一人になれる場所をつくる
  • 今の自分を認めて、しっかりといたわる
  • 家族や友人、パートナーなど、信頼できる人との時間を大切にする
  • できるだけ好きなことをして楽しむ
  • わずらわしい人間関係から、適度に距離をとる

悪天候を避けることができないように、ストレスから100%逃れることもできません。だからこそ、日常にストレスを軽くする小さな工夫を取り入れていくことが、大切なのです。

心がけ次第で、ストレスは大きくも小さくもなります。日々生じてくる小さなストレスによって気分が左右されなくなれば、有意義なことに時間やエネルギーを使うことができます。すると、毎日が楽になり、人生が何倍も楽しくなるでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項