ヘルシンキ・デザイン地区の認定スポットは
クリエイティブなフィンランドデザインに出会える場所ばかり

デザインフォーラム

フィンランドの最新デザイン発信地として有名なデザイン・フォーラムでは、常に国内のデザインシーンを牽引するブランドや作家の最新アイテムがディスプレイされている

フィンランドに来たら本場の最新デザインシーンをこの目で見て回りたい、デザインショッピングを楽しみたい、と考えている人にとって外せないのが、「Design District Helsinki(デザイン・ディストリクト・ヘルシンキ/ヘルシンキ・デザイン地区)」と呼ばれるエリアめぐりです。

エロッタヤ

19世紀から20世紀初頭にかけての優美な建築が建ち並ぶエロッタヤ地区

ヘルシンキ・デザイン地区とは、デザイン地区協会によって、フィンランドデザインの発信地として認定されたデザインショップ、雑貨店、アンティークショップ、衣料品店、カフェ、ホテルなどが集まるエリアの総称。認定店は、各店舗やデザインフォーラム、インフォメーションセンターなどで手に入るデザイン地区マップ(Web版は公式サイト内から閲覧可能)に店舗情報が掲載されるほか、定期的に開催される共同デザインイベントに参加することで、他のブランドやショップと切磋琢磨しながらその認知度を伸ばすことができるのです。

 

当初は、ヘルシンキ中心街からほどないエロッタヤ地区を中心とした、歩いて回れる一帯に認定店が密集していましたが、最近はエリアにこだわらず加盟するお店がヘルシンキ市内各地に増え続けており、対象店は200にのぼるといいます。とりわけ、設立当初からその中心地としての役割を担うエロッタヤ地区周辺には、デザインの発信ショップだけでなく、多くのクリエイティブなデザイナーたちの活動拠点も点在しているのだとか。

ステッカー

黒丸にDESIGN DISTRICT HELSINKIとロゴの入ったステッカーが目印

加盟店のトレードマークとなるのが、店頭に貼られたロゴ入りの黒いステッカー。もちろん加盟店などを訪れると、デザイン地区認定店マップを手に入れることができますが、街を散策していてこのステッカーの貼られたお店に出くわしたら、思わぬフィンランドデザインとの出会いが待っているかもしれません。まずはこのロゴステッカーをしっかりインプットしておきましょう。

■ヘルシンキ・デザイン地区公式ウェブサイト

 

ヘルシンキ・デザイン地区
加盟店舗の紹介記事一覧

プライベートケース

フィンランドでは意外にも珍しい、文房具類に特化したデザインブランド、プライベートケースの直営店

これまでに過去記事で紹介した、ヘルシンキ・デザイン地区への加盟店舗の記事リンクを一覧にまとめました。店舗情報は随時追加していきます!

  1. やさしくて丈夫な布地デザイン、カウニステ(Kauniste)
  2. 文房具デザインのホープ、プライベートケース(Perivate Case)
  3. 世界を駆けめぐるレザーバッグブランド、ルミ(Lumi)
  4. 途上国支援に意欲的な布地・雑貨デザインブランド、ティカウ(Tikau)
  5. リサイクルブランドの最前線、グローブホープ(Globe Hope)
  6. キッチン用品やサウナグッズ、ラプアン・カンクリット(Lapuan Kankurit)
  7. 日本人夫妻が経営する雑貨ショップ、コモン(common)
  8. 色鮮やかなテキスタイル、マリメッコ(Marimekko)※アウトレット店紹介記事
  9. 不朽のガラスブランド、イッタラ(Iittala)※アウトレット店紹介記事
  10. 木製アクセサリー&雑貨、アーリッカ(Aarikka)※アウトレット店紹介記事

次ページでは、ヘルシンキ・デザイン地区の本拠があるデザインフォーラムとデザイン博物館について紹介!