徹底的なエコ志向とファッショナブルさに世界が注目
リサイクルブランドの最前線、グローブホープ

商品1

ファッションセンスやオリジナリティに満ちたこれらの商品は、すべて街なかにあふれる思いもよらない再生素材を利用して作られたアイテムばかり

財布やかばん、雑貨から衣類まであらゆる日用アイテムを、私たちの暮らしや街なかにあふれる余剰素材ばかりを再利用して制作している「グローブホープ(Globe Hope)」。2003年の創立以来、その徹底的なエコロジー志向とファッショナブルなデザインセンスの融合が話題を呼び、またたく間にフィンランド国内外で人気を獲得した、精力的な新興ブランドのひとつです。

商品2

これらのノートパソコンやiPadケースは、なんとオリンピックスタジアムの修復工事中にタワーに被せられていた保護シートを再利用して作られたもの

グローブホープの商品の材料となりうるのは、誰しもの家に眠っている使われなくなった古着やヴィンテージ生地はもちろんのこと、車のシートベルト、軍事訓練用の寝袋、街の工事現場で使われていたカバーシート、さらには船のマストなども!このように探せばいくらでも思わぬところから見つかる、身の回りにあふれた魅力的なテキスタイルの再生活動は、創業者であるセイヤ・ルッカラの長年の夢であったそうです。

今でこそ、エコロジーを売りにするブランドや企業は山と出てきていますが、創業当初のフィンランドではまだ、リサイクル素材の利用を全面に出したファッションブランドというのは珍しかったと言います。けれど、セカンドハンドショップの活用や古布の再利用など日常的にリサイクル精神が息づいているフィンランド社会で、このコンセプトが容易に受け入れられたのはごく自然なことかもしれません。グローブホープはまさにリサイクル×ハイクオリティデザインの先駆者として、フィンランドデザインの方向性に一石を投じたのでした。

中心街には2店舗の路面店。素材の前身を想像しながら見て触って

店内

観光客も行き来するカンッピ広場の一角にあるラシ・パラッツィ店のようす。リサイクルのイメージを一新する、スタイリッシュなアイテムばかりが並ぶ

グロープホープの商品は現地でもさまざまなセレクトショップで出会えますが、ヘルシンキ市内の中心街には2店舗の直営店があります。若者向けのショッピングセンターが建ち並び、いつでも人通りの多いカンッピ地区にあるラシ・パラッツィ店には、メインの衣類・カバンだけでなく、女子に人気のかわいい柄布を多用した小物入れやポーチ、パソコンキーボードのピースやファスナーなどの部品をあしらったアクセサリーまで、ユニークなファッションアイテムが中心に並んでいます。

商品3

がま口使いのポーチやかばんは、近年フィンランドでも人気のファッションアイテムのひとつ

従来のリサイクル品というイメージにとらわれず、清潔感がありファッション性を重視したデザインばかりなのが、グロープホープが支持される理由。メンズ、レディースそれぞれに専属デザイナーがいて、トレンドに固執せず長く愛される魅力と機能性を備えたアイテムを生み続けています。

いっぽう、一見まさに新品のように見えて、手に取ってよくよく眺めてみると、素材の意外な前身に思いを馳せられる味わいがあるのもリメイクアイテムならでは。エコロジーデザインを支持することの実感も伴います。どの商品にもワンポイントに取り入れられたロゴマークの緑色の星印は、まさに「地球の希望(=グローブホープ)」の証。あなたの身の回りのデザインにも、より積極的に本物のエコを取り入れてみませんか?

<DATA>
外観

トラムの最大停留所Lasipalatsiからすぐの好立地

Globe Hope Shop Lasipalatsi
(グローブ・ホープ・ショップ・ラシパラッツィ)

住所:Mannerheimintie 22-24, 00100 Helsinki
TEL:+358 50 530 2103
アクセス:トラム4,7,10など「Lasipalatsi」下車徒歩すぐ
営業時間:月~金曜10:00~20:00、土曜10:00~18:00
定休日:日曜

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。