ヘルシンキ観光のおすすめはゆったり巡り!五感で楽しむ旅を

エスプラナーディ(1)

中心街に横たわるエスプラナディ通りは、背の高い菩提樹並木で囲われた市民のオアシスにもなっている公園。昼間からベンチや芝生に寝そべる人であふれるのも、ゆったりとした首都の日常風景

フィンランドの首都ヘルシンキは、陸地面積約210平方キロメートル(東京山手線内の面積の約3倍あまり)のエリア内に約64万人が暮らしており、一国の首都にしてはとてもコンパクトで落ち着きのある、穏やかな港街です。
 
アレクサンダー通り

重厚な古い建物が残るショッピングストリート、アレクサンダー通り

バルト海に面しているので、港の先に浮かぶのどかな群島も街の一部。景観法で建築物の高さが制限されているため、中心街にすら摩天楼はまったく見当たらず、道幅も広いのでせせこましさが感じられません。さらに、繁華街でもBGMをかける店舗は少なく、冬場は地面に積もった雪に音が吸収されて、建物の外も内も驚くほど静かな印象を受けます。

限られた滞在日数ではつい焦って駆け足観光をしがちですが、ヘルシンキではまさに映画『かもめ食堂』の世界そのものの、ゆったり、のんびりとした雰囲気を五感で大切に味わうことこそを、いつでも心がけてくださいね。
 
トラム

街中をのんびり駆け巡るトラムの乗車はヘルシンキ観光の醍醐味のひとつ

……とはいえ、他の諸首都に比べてやや観光資源が乏しいと思われがちな(?)ヘルシンキにだって、ぜひ立ち寄りたい定番観光スポットがもちろんあります。今回はその中から、中心街(ヘルシンキ中央駅付近)から徒歩やトラムで簡単にアクセスできる、厳選した観光名所、10箇所を一挙ご紹介!とくに屋外スポットは、お天気や季節、時間帯によってもぐっと表情が変わるので、気に入った場所にはぜひ気軽に何度も足を運んでみてください。なお、ヘルシンキ中心街の数ある魅力的な博物館や美術館については別記事「文化&アート施設の宝庫、マンネルヘイム通り」で紹介しています。
     

1.ヘルシンキ大聖堂&元老院広場/ヘルシンキのシンボル

ヘルシンキ大聖堂

天気が良い日に元老院広場から仰ぎ見るヘルシンキ大聖堂は、青×白のナショナルカラーを浮かび上がらせていて清々しい

1812年にロシアによって首都がヘルシンキに移された後に建設が始まり、1852年に完成した、天空に浮かぶような美しい白亜の巨大聖堂。今も昔もこの街を優しく見守るシンボル的存在で、まさにへルシンキ観光の最初の一歩にぴったり。

聖堂を持ち上げる広大な階段は市民の憩いの場としても有名で、夏場は誰もがアイスクリームを舐めながらここに腰掛け、日光浴を楽しんでいます。隣接した元老院広場は、御影石が敷き詰められたフィンランド最大の市民広場で、中央には雄々しいロシアの皇帝アレクサンダー2世の像がそびえ立っています。
 
アレクサンダー2

大聖堂の前に広がる元老院広場のシンボル、アレクサンダー2世の像

<DATA>
Helsingin tuomiokirkko(ヘルシンギン・トゥオミオキルッコ/ヘルシンキ大聖堂)
住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki
TEL:+358 9 2340 6120
アクセス:ヘルシンキ中央駅から東方向に徒歩約5分、トラム7番「Hallituskatu」またはトラム2,4,5,7番「Senaatintori」下車徒歩すぐ
開館時間:9:00~18:00(6~8月は24:00まで)
休館日:なし(開館中も、特別礼拝やイベント中は立ち入り不可)

 

2.ウスペンスキー寺院/ロシア正教のきらびやかな教会

ウスペンスキー外観

真っ白なヘルシンキ大聖堂と対照的な色彩が印象的なウスペンスキー寺院の外観

ヘルシンキ大聖堂からほどない沿岸の丘にそびえ立つもう一つのランドマークが、北欧最大のロシア正教の教会、ウスペンスキー寺院。黄金の玉ねぎ屋根が乗ったレンガ造りの教会内部は、シンプルなヘルシンキ大聖堂とは対照的な装飾的できらびやかな空間が広がり、圧巻です。

儀式の時間などとかぶらなければ、写真撮影が可能なのも嬉しいところ。ただし規律の厳しいロシア正教の教会の伝統を重んじて、肌の露出を避ける、教会内では帽子を取るなど、服装マナーには気をつけて。
 
ウスペンスキー寺院

ロシア正教会ならではの絢爛な装飾やイコンが見られる

<DATA>
Uspenskin katedraali(ウスペンスキン・カテドラーリ/ウスペンスキー寺院)
住所:Kanavakatu 1, 00160 Helsinki
TEL:+358 9 85 646 200
アクセス:ヘルシンキ中央駅から東方向に徒歩約15分、トラム4,5番「Ritarihuone」下車徒歩約6分(本来の最寄りトラム停「Tove Janssonin puisto」は、2018年11月現在長期工事中)
開館時間:火~金曜9:30~16:00、土曜10:00~15:00、日曜12:00~15:00
休館日:月曜(開館中も、特別礼拝やイベント中は立ち入り不可)

 

3.エテラ港のマーケット広場/新鮮食材、民芸品などの店が連なる

エテラ港マーケット

気持ち良い青空の下で、生鮮食品から民芸品までさまざまな露店が立ち並ぶエテラ港名物の屋外マーケット

スウェーデンやロシア行きの船も行き交うエテラ港の周辺は、早朝から徐々にテント市場が立ち、10時ごろには賑わいを見せ始めます。売られるものは、新鮮な海の幸・森の幸から、おみやげにぴったりな民芸品、地元の人も愛用する手作り日用品までさまざま。

特に夏場は、摘みたてのベリーやえんどう豆をテイクアウトして街歩きのお供にするもよし。出来たて料理を気軽にいただけるカフェや屋台も多いので、青空ランチも楽しみの一つです。ただし、美味しそうな食べものは常に上空からかもめ達が狙っているので要注意(時に客のいるカフェテーブルを派手に荒らす図太いかもめは、港界隈の天敵なので、絶対に餌付けしないこと)。
 
マーケット広場

太陽の下で売られる新鮮食材は、色つやも輝きを増して美味しそう!

<DATA>
■Eteläsataman kauppatori(エテラサタマン・カウッパトリ/エテラ港のマーケット広場)
住所:Eteläsatama, 00170 Helsinki
TEL:+358 9 3102 3565
アクセス:ヘルシンキ中央駅から南東方向に徒歩約13分、トラム1,2番「Kauppatori」下車すぐ
出店時間:月~土曜6:30~18:00(土曜は~16:00、ただし出店時間は店舗によりけりで、広場が賑わい始めるのは概して8:00以降)
定休日:日曜(ただし夏季は日曜も10:00~17:00に出店舗あり)

<参考記事>
『かもめ食堂』ロケ地めぐりの楽しみ方

 

4.スオメンリンナ島/世界遺産の島!歴史あふれる要塞に絶景まで

スオメンリンナ島(1)

観光者には歴史見物が中心になりがちなスオメンリンナ島も、地元の人にとっては格好のピクニック地。暖かく天気が良い日は、本土から多くのヘルシンキ市民が日なたぼっこや昼寝をしにやって来る

エテラ港から市営のフェリーボートで約15分と気軽に行き来ができる、世界遺産に指定された群島、スオメンリンナ。ここは、かつてフィンランドを統治していたスウェーデンが、ロシアに対抗するため建設を始めた軍事要塞。岸辺には勇ましい砲台や潜水艦、壁跡などが残り、要所を訪ね歩くだけでも歴史ロマンに浸れます。

実はこの島は、気候が暖かくなる春~夏場にかけては、ヘルシンキ市民たちのピクニックの名所としても有名。フェリー乗船前に飲食物を調達しておき、岸辺でバルト海の絶景を眺めながら、あえて旅先で日なたぼっこや昼寝……というのもヘルシンキ旅行ならではの贅沢な過ごし方なのでは?フェリー発着場のそばには、伝統あるビール醸造所に併設したブルワリーレストランがあるので、夕刻に暮れなずむバルト海やヘルシンキの街並みを眺めながら、地ビールと郷土料理を楽しむのもおすすめです!
 
スオメンリンナ島(2)

日暮れ時に本土に戻るフェリーからの街のシルエットも必見

<DATA>
Suomenlinna(スオメンリンナ)
住所:Eteläsatama, 00170 Helsinki
アクセス:エテラ港の停泊所から市営フェリー(Suomenlinnan lautta)で約15分
渡航可能時間:フェリー運行時間内(始発6:20~最終翌2:00)
※島内のレストランやカフェの営業時間はこちらで、ミュージアムの営業時間はこちらでチェックを

<参考記事>
ヘルシンキの世界遺産、スオメンリンナ島
 

5.エスプラナディ通り/ヘルシンキの買い物通り、建物も見もの!

エスプラナーディ2

陽当たり良好で心地良いベンチは争奪地。思い思いにくつろぐ人であふれる

港のマーケット広場入り口付近から西に伸びるエスプラナディ通りは、通りをそのまま公園に仕立てた緑道と、それを挟むように南北それぞれに横たわるヘルシンキ屈指の買い物通りの総称。美しいベンチや花壇に彩られ、優雅なカフェやライブ舞台なども点在する緑道は、陽当たりもよくまさに都市のオアシスです。

上品なヨーロッパ建築の立ち並ぶ買い物通りには、イーッタラなどフィンランドを代表するデザインブランドの本店や、国唯一の百貨店ストックマンをはじめ、さまざまな国内外ブランドの路面店やお土産屋、ツーリストインフォ、テラスカフェなどが並んでおり、いつでも地元客と観光客が入り交じって賑わいを見せています。かつてエスプラナディ通り沿いに軒を連ねていたマリメッコ本店やアルテック本店は、共に通りから少し奥まった場所に移転したのでご注意を。

<DATA>
■Esplanadin puisto(エスプラナディン・プイスト/エスプラナディ通り)
アクセス:ヘルシンキ中央駅から南方向に徒歩約5分
※緑道内および通り沿いの各店舗の所在や営業時間は、それぞれのウェブサイトでお確かめください
 

6.テンッペリアウキオ教会/岩をくりぬいて作られた聖壇

テンッペリアウキオ教会

岩壁の狭間のスリットから漏れる自然光は、日の傾き具合によって刻々と音楽を奏でるように移ろう

1960年代に設計競技が行われて、岩盤の上に……ではなく、なんと岩盤を繰り抜いた地下空間に埋もれる形で実現した、近代建築の教会。外観は、変哲のない岩場にこんもりとドーム屋根が覗かれるだけで、誰も教会だと気づかないほど。けれど中に入ると、岩肌がむき出しになったまあるい空間に、リボン状のスリットが地上からの光を降り注がせ、自然の要素だけでとても神秘的な雰囲気が醸し出されています。

夜にはコンサート会場として使われることもあり、運が良ければ、昼間でも聖壇で行われるピアノなどの生演奏に立ち会えることも。毎日のコンサート・スケジュールは、ウェブサイトで確認できます。
 
外観

外観だけでは教会とはわからないかも

<DATA>
■Temppeliaukion kirkko(テンッペリアウキオン・キルッコ/テンッペリアウキオ教会)
住所:Lutherinkatu 3, 00100 Helsinki
TEL:+358 9 2340 6320
アクセス:ヘルシンキ中央駅から北西方向に徒歩約20分、トラム1,2番「Sammonkatu」下車徒歩約5分
開館時間:月~土曜10:00~17:00(日曜12:00~)※季節により変動あり。ウェブサイトのトップページで、先1週間の毎日の開館時間と確認できる
入館料:3ユーロ
休館日:なし(開館中も、特別礼拝やイベント中は立ち入り不可)
 

7.カンッピ礼拝堂/繁華街の中心にたたずむ静寂の空間

カンッピ礼拝堂

まるでフィンランドの田舎の湖畔に立ち尽くしているときのような、静謐で穏やかな空間

2012年夏に開館した現代木造教会、カンッピ礼拝堂がたたずむのは、なんとヘルシンキで一番人通りが多く賑やかなカンッピ地区の広場の一角。外観はまるでコクーンのような流曲形。中に待つのは、周囲の物音がふっと遮断されたように感じる無音無響の小さな空間です。

忙しい都会の喧騒のなかで心が静けさを求めているとき、誰もがいつでも静寂を享受することができるように、というコンセプトでこの場に建てられた、木のぬくもりにも心が癒やされる美しい礼拝堂です。 内部の写真撮影は禁止されているのでご注意を。

<DATA>
■Kampin kappeli(カンピン・カッペリ/カンッピ礼拝堂)
住所:Simonkatu 7, 00100 Helsinki
TEL:+358 50 578 1136
アクセス:ヘルシンキ中央駅から西方向に徒歩約3分、カンッピショッピングセンター前
開館時間:月~金曜08:00~20:00、土・日曜10:00~18:00
休館日:なし

 

8.シベリウス公園/ユニークなデザインのモニュメントたち

シベリウス公園

とても神経質だったと語り継がれるシベリウスの顔面像の眉間には、彼が作曲した交響曲の数(7つ)だけシワが寄せられているとか

ヘルシンキ市内の西沿岸に広がる緑豊かなシベリウス公園では、海を見下ろす小高い丘に2つの大きな金属製モニュメントがひっそりとたたずんでいます。1つは、公園の名の由来にもなっているフィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの顔面彫刻、もう1つは森の樹をイメージしたようなパイプの集まりです。公園といっても、それらの独特な彫刻と木々以外には遊具も何も見当たらない、少し不思議な雰囲気の漂う空間。フィンランドの自然の姿から着想を得た曲を多く作ったシベリウスに思いを馳せるのに、ぴったりな場所です。

<DATA>
■Sibeliuksen puisto(シベリウクセン・プイスト/シベリウス公園)
アクセス:ヘルシンキ中央駅から北西方向に徒歩約25分、トラム2,4,10番「Töölön halli」下車徒歩10分、市バス24番「Sibeliuksenpuisto」下車徒歩すぐ

<参考記事>
フィンランドの作曲家シベリウスの関連スポット
 

9.公衆サウナ・ロウリュ/地元客と観光客が一緒に汗をかく人気スポット

ロウリュ外観

海にも飛び込める公衆サウナ、レストランバー、展望デッキが一体化した木造のユニークな建物 Photo: Marc Goodwin, Archmospheres

ロウリュは、2016年春にヘルシンキ南岸の再開発地区ヘルネサーリ(Hernesaari)地区にオープンして以来、大きな話題を呼んでいる新スポット。フィンランドの都市部には1950年代ごろまで、自宅にサウナや浴室を持たない市民が銭湯のように日常的に通う、公衆サウナがたくさん見られました。けれど自家サウナの普及などを背景に街のサウナ屋さんはどんどん廃れて、今ヘルシンキ市内に残る老舗公衆サウナは、もはやたったの3店舗。ところが近年、サウナ浴というフィンランドが世界に誇る伝統文化を守り、かつ外国人にも体験してもらいたいという意図から、新しい公衆サウナが相次いで出現しているのです。

ロウリュはそうした施設の代表格で、地元民と外国人がともに抵抗なく一緒にサウナ浴を楽しめるように、水着やバスタオルを着用して入れる混浴サウナを提供。サウナ浴で体がほてったら、なんと目の前の海に飛び込んでクールダウンできるようになっています! また、入浴後は隣接したレストラン・バーで空腹を満たしたり、屋上展望台でヘルシンキの街を一望したりと、五感で味わえる楽しみがいっぱい。ぜひフィンランドに来たからには、地元の人たちに混ざって本場のサウナを体験していってください。

<DATA>
スモークサウナ

ヘルシンキ市内では珍しい、最も伝統的なスモークサウナも体験できる Marc Goodwin, Archmospheres

Löyly(ロウリュ)
住所:Hernesaarenranta 4, 00150 Helsinki
TEL:+358 50 3820 885
アクセス:市バス14番「Henry Fordin katu」下車すぐ
営業時間:月~木曜16:00~22:00(木曜は13:00~)、金~日曜13:00~23:00(日曜は~21:00)、土曜はモーニングサウナタイムあり(08:00~10:00)※ロッカーの数に限りがあるため、インターネット予約が望ましい
定休日:なし

 

10.ラヴィントラかもめ/映画『かもめ食堂』のロケ地で一躍有名に

看板

オーナーが変わって2016年4月にリニューアルし、かもめ食堂の意味そのものの「ラヴィントラかもめ」という店名でスタートを切った新店舗。看板のロゴにはもちろん、まるまると太ったかもめの姿が

映画『かもめ食堂』が撮影されたレストランとして一躍有名になった、オフィス街にたたずむ小さなレストラン、ラヴィントラかもめ。もともとここには、映画が撮られる以前から界隈のオフィスワーカーたちが気軽にランチやコーヒーブレイクに通い続ける、まさに日本の大衆食堂的な小さなカフェレストランがありました。その後オーナーが交代し、2016年4月に店名から内装、メニューまでが一新されました。

レストランには、やはり映画公開当初から変わらず日本人観光客がたくさん足を運ぶことから、限られた滞在中にフィンランドの味をいろいろ堪能したい日本人向けに考案された看板メニューが、9種類ものフィンランド代表料理を一度に少しずつ楽しめる松花堂弁当スタイルの一品。デザート代わりに、映画でもおなじみのシナモンロール(ミニサイズ)もついてきます。その他、伝統的なフィンランド料理のアラカルトや、本格派のラーメンなど、日本人もフィンランド人もそれぞれに互いの味を楽しめるメニューが充実しています。

<DATA>
シナモンロール

映画にも出てきたシナモンロールは、隣に新しくオープンしたアテリエかもめでコーヒーなどと一緒に

Ravintola Kamome(ラヴィントラかもめ) 
住所:Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki
TEL:+358 9 657 422
アクセス:トラム3番「Viiskulma」下車徒歩約5分
営業時間:月~木曜17:00~21:00、金・土曜17:00~22:00
※シーズンにより変更の可能性があるのでウェブサイトで要確認
定休日:日曜日
価格:アラカルト4~40ユーロ、ドリンク4.2ユーロ~

■Aterier Kamome (アテリエかもめ) 
アクセス:ラヴィントラかもめのすぐ隣
営業時間:月~土曜11:00~17:00
定休日:日曜日
価格:コーヒー3.1ユーロ、お茶4.5ユーロ~、スイーツ1.5ユーロ~、オープンサンド6ユーロ

<参考記事>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。