ヘルシンキのイチ押しレストランで、とびきりのフィンランド料理を召し上がれ!

サーモンステーキ

伝統料理に定評のあるレストラン、Kolme Kruunuaのサーモンステーキ(lohimedaljonki)は不動の人気メニュー

旅の大きな楽しみのひとつが、ご当地グルメ。現地で必ず味わうべき食材やメニュー、評判の良いレストラン情報の収集も、欠かせない旅の準備のうちですね。というわけで、首都ヘルシンキのとっておきレストラン情報を随時紹介していきます。本記事の最終ページに、紹介済みの店舗一覧を掲載しているので要チェック!

おしゃれして赴きたい超有名店から食堂のような雰囲気の気楽なお店、気鋭の新店まで、等級も雰囲気もさまざまに選んであります。選出の決め手は、フィンランド料理ならではの食材やテイストが楽しめて、しかもお店の雰囲気やインテリア、開業までの背景やエピソードが魅力的なお店であること。また、地元でその味に親しむヘルシンキ市民の口コミはもちろん、在住日本人からの評判や信頼度も大いに参考にした、お墨付きのレストランばかりです!

お店選びの前に……まずは、フィンランドに来たからには味わってほしい定番メニューや食材、そしてフィンランドのレストラン全般で通用する暗黙のルールやマナーを軽く予習しておきましょう。

サーモン、ニジマス、ニシン、パーチ……
湖や海で捕れる魚たちはフィンランド料理の主役!

ニジマス

サーモンと見紛われやすいが、よりどっしりとした食感で食べごたえのあるニジマスも人気の食用魚。クリーム系や根菜のペーストソースなど、さまざまな味わいのソースとともに

豊かな水資源に恵まれたフィンランドの食卓で主役を張るのは、まずは捕れたての魚たち。バルト海や北極海で捕れるニシン(silli/シッリ)などの海水魚はもちろん、清らかな湖や川で釣れる種のサケ(lohi/ロヒ)やニジマス(kirjolohi/キルョロヒ)、カワカマス(hauki/ハウキ)、ムイック(muikku)と呼ばれる小魚など、挙げればきりがないほど多様な魚が水揚げされ、さまざまな調理法で食卓に並びます。

グラーヴィロヒ

グラーヴィロヒは、カフェやマーケットのテイクアウトで楽しんで

このうち生で食べられる種や調理法は限られていて、代表的なのは「グラーヴィロヒ(graavilohi)」と呼ばれる、生サーモンの塩漬けを薄くスライスしたもの。固めのライ麦パンなどに乗せて、レモンやディルの風味とともにさっぱり食べる、レストランというよりはカフェなどで気軽に食べるメニューです。

いっぽうレストランでメインディッシュとして魚をいただく場合は、ステーキまたはフライが定番!

 

ディル添えステーキ

バターと塩コショウで焼かれたシンプルなニシンのステーキに、ディルの爽やかな香りがマッチする

特に脂がたっぷりと乗った肉厚のサーモンやパーチ(kuha/クハ)は、シンプルにバターで焼き上げただけでほっぺたの落ちる旨さ。引き立て役として、刻んだキノコを混ぜたクリームソースや、根菜・野菜をペースト状にしたソースなど、お店自慢の相性抜群ソースがたっぷりと添えられます。

ところで、魚のステーキやフライ料理のアクセントとして、必ずといっていいほどお皿に乗ってくるのが、ディル(tilli/ティッリ)という糸状の繊細なハーブ。魚に限らず、イモなどフィンランド料理全般の香りづけには欠かせないハーブで、香りをかぐだけで故郷の味を思い浮かべるという人も。また、魚の上にはサワークリームがたっぷりと盛られて出てくることもあります。これもまた爽やかな酸味で、こってりとしたステーキとの相性は抜群です。

サーモンスープ

魚料理が人気のレストラン、Ravintola Salveのサーモンスープは濃厚で口当たりがまろやか

もうひとつのおすすめ定番魚料理が、スープ(keitto/ケイット)。お腹にもやさしく、素材の味が楽しめるフィンランドの素朴なスープ料理は、魚入りのものに限らず間違いなく日本人が好きな味! 前菜として、あるいはメインディッシュとしても楽しめます。

特にサーモンスープ(lohikeitto/ロヒケイット)といえば家庭でも頻繁に作られる、フィンランドを代表する伝統的な料理なので、滞在中に必ず口にしたいところ。

ちなみに一口にスープといっても、最近は外国文化を取り入れたさまざまなテイストがあります。けれどフィンランドの伝統的なスープは、素材から出たダシを引き立てるために、最小限の塩コショウやスパイスだけで味付けした透き通ったスープ(kirkas keitto/キルカス・ケイット)か、牛乳や生クリームでまろやかに仕立てたクリームスープ(kermainen keitto/ケルマイネン・ケイット)。まずはぜひ、そのどちらかの定番テイストをお試しあれ。

7月解禁のザリガニ料理は夏の風物詩

ザリガニパーティ

ザリガニ解禁時期には、レストランだけでなく家庭でも大量にザリガニを茹でて山積みにし、大人数でザリガニパーティを開くのが風習

フィンランド人たちも毎年楽しみにしている夏限定メニューといえば、なんと塩茹でザリガニ(rapu/ラプ)。毎年7月下旬に、日本のアユのように「水揚げ解禁日」が巡ってきて、まもなくシーフードレストランなどで季節限定メニューとして味わえるようになります。市場に出回るのはだいたい9月頭ごろまで。フィンランド人は、レストランでというよりは、大量に購入して自宅で家族や知人とともに「ザリガニパーティ」を開いてにぎやかに食します。

一匹当たりの可食部はやや少ないのですが風味は強く、各自専用のスティックで身をほじり出しながら、レモンやサワークリームなどさっぱりとした風味で味わいます。夏のフィンランドのレストランで見かけたら、ぜひ試してみてください!

次ページ では、バラエティ豊かな肉料理をご紹介!