ヘルシンキ・デザイン地区の総本山ギャラリー
デザインフォーラム

フォーラム内観

デザインフォーラムでは、フィンランドデザインの王道だけでなく、常に最新トレンドアイテムに出会うことができる

ヘルシンキ・デザイン地区への加盟店認定やイベント企画・広報などを行なう本拠があるのが、エロッタヤ地区の三角公園の前にあるデザインフォーラム・フィンランド(Design Forum Finland)。

1875年に設立された歴史あるフィンランド産業協会がベースとなった組織で、以来メイド・イン・フィンランドのさまざまな製品開発およびマーケティングを奨励し続けてきました。とりわけ1950年代以降は、フィンランド国内で生まれるデザインプロダクトの推進事業に特化するようになり、今日の世界的なフィンランドデザインブームを支える功労役を担ってきたのです。

外観

常に通行者の目を引くディスプレイやデコレーションが特徴

デザインフォーラムの1階および地階には、今日のフィンランドデザインの最前線を訪れる人が肌で感じられる、パワフルなギャラリー・ショップが展開されています。インテリアから衣類まで、さまざまな国内デザインブランドや作家たちの、不朽のアイテムや最新の作品が所狭しと並んでおり、気に入ったものはもちろんその場で購入することが可能です。進化し続けるフィンランドデザインの「今」を垣間見たい人にはマストスポットといえるでしょう。

なおギャラリーショップ内には、ヘルシンキ市内各地に展開中の大人気スイーツショップKakkugalleriaのカフェも入っているので、大きな窓からトラムの行き交う上品な街並みを眺めながら、フィンランドデザインに囲まれた空間で一服するのも良いですね。

<DATA>
カフェ

デザインショッピング休憩には、併設のKakkugalleriaがぴったり

Design Forum Shop(デザイン・フォーラム・ショップ)
住所:Erottajankatu 7, 00130 Helsinki
TEL:+358 9 6220 8130
アクセス:トラム10「Kolmikulma」下車徒歩すぐ
営業時間:月~金曜11:00~19:00、土曜11:00~18:00
定休日:日曜(夏季は日曜営業もあり)

 

デザイン地区中心エリアにあるデザイン博物館も要チェック!

デザイン博物館

雄壮な外観にまず目を奪われるデザイン博物館。受付そばのミュージアムショップも人気

デザインフォーラムから5分ほど歩いた先には、フィンランドデザインの歴史と魅力を、たくさんのプロダクトを展示しながら紹介しているフィンランドデザイン博物館があります。

収蔵品は、実際のプロダクト75,000点以上、スケッチ40,000点以上、写真100,000以上と、まさにフィンランドデザイン史のすべてを掌握する勢い。常設展では、ガラスや陶器デザイン、ファッション、椅子、工業製品など各分野でフィンランドの華々しいデザイン史を築いてきた作品や写真を、じっくりと見て回ることができます。いっぽう定期的に一新される企画展では、今をときめくデザイナーや企業の作品や思想にクローズアップした、非常に見応えのある展示が毎度話題を呼びます。展示をじっくりと見て回った後は、充実したミュージアムショップに立ち寄るのもお忘れなく!

<DATA>
Designmuseo(デザインムセオ)
住所:Korkeavuorenkatu 23, 00130 Helsinki
TEL:+358 9 622 0540
アクセス:トラム10「Johanneksen kirkko」下車徒歩すぐ
開館時間:火曜11:00~20:00、水~日曜11:00~18:00
休館日:月曜日(夏季は毎日11:00~18:00開館)
入場料:10ユーロ(学生5ユーロ) 

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。