顔のむくみは、姿勢が原因の場合も!?

肩こり

首肩のこりが顔のむくみの原因かも!?

顔のむくみでお悩みの方、年々首が太く短くなってきたと感じる方、その原因は首肩のこりかもしれません!

そもそも「こり」とはどのような症状なのか、皆さんご存知でしょうか? 簡単に説明させていただくと……一定時間、同じ姿勢でいるなど、肩や首の筋肉が疲れて緊張すると、筋肉の中を通る血管が圧迫され、血行が妨げられます。

血行が悪くなると、酸素や栄養の供給が不十分になり、ブドウ糖が不完全燃焼を起こし、乳酸などの老廃物質に変わります。この老廃物質が筋肉や神経を刺激し、こりや痛みとなると言われています。

パソコン仕事や座って本を読むなど「前かがみの姿勢を長時間続けている」と筋肉が動きませんので、血行は滞り、筋肉内に老廃物質はどんどん溜り、次々にこりが発生していきます。ですので、こりは「血行不良」が1番の原因と言われているのですね。

美容の大敵!ストレートネックとは

こりによる痛みを少しでも緩和させるためには筋肉を暖めて、カチカチになった筋肉をマッサージすることで解消されます。ですが、一度のマッサージだけでは一旦、痛みが緩和されても、筋肉疲労が溜まると、また痛みが戻ることがほとんどです。

マッサージだけでは改善できない酷いこりをお持ちの方に多い特徴は、慢性的な血行不良に加え、頚椎(首の骨)の緩やかな前方の湾曲がなくなり、首がまっすぐになってしまっている場合があります。こういった症状のことを「ストレートネック」と呼びます。

つまり、こりの原因となるストレートネックを改善、予防することが大切になってきます。