タンドリーチキンとなすとパプリカのマリネ

所要時間:60分

カテゴリー:メインのおかずタンドリーチキン

 

タンドリーチキンとなすとパプリカのエスニックマリネ

食欲のない時期にスパイス・にんにく・しょうがの風味が美味しいタンドリーチキンはいかがですか? 下味をつけてオーブンで焼くだけなので手軽に作れるのもいいですね。下準備をしておけば簡単に仕上げられるのでお客様が来るような時にもお勧めです。

マリネのなすとパプリカは皮が真っ黒になるまでしっかりと焼いて皮をむくのでトロリとした食感です。ごま油・ナンプラー・レモン汁でマリネにします。冷たく冷やして食べると美味しいですよ。

カレー粉に含まれるターメリックのクルクミンは胆汁を分泌させ、マリネに使っているごま油は抗酸化作用があるので共に肝機能を高め、二日酔い防止に効果的です。他に二日酔いの防止には食事の前に胃腸を保護するチーズなどの乳製品を食べるのもお勧めです。


タンドリーチキンの材料(2人分

タンドリーチキン
鶏手羽元 450g
小さじ3/5(肉の重量の0.7%)
こしょう 少々
ヨーグルト 80g(プレーンヨーグルト)
マーマレード 大さじ2/3
カレー粉 大さじ1
ニンニク 1かけ
生姜 1かけ
醤油 小さじ1
ベビーリーフ 1袋
なすとパプリカのエスニックマリネ
なす 2本
パプリカ 赤・黄色各1/2個
ニンニク 1/2かけ
ごま油 大さじ1
レモン汁 1/2個分
ナンプラー 大さじ1/2

タンドリーチキンの作り方・手順

タンドリーチキン

1:

鶏肉は分量の塩・こしょうをふって30分程おく。

2:

プレーンヨーグルトにマーマレード・カレー粉・おろしにんにく・おろし生姜・しょうゆを加えて混ぜ合わせる。

3:

1をポリ袋に入れ2を入れてよく混ぜ、半日ほど冷蔵庫で味をなじませる。

4:

3をオーブンシートを敷いた天板に並べる。漬けダレも肉の上に全部のせる。210度に熱したオーブンで20~25分焼く。

5:

この位の焼き目がつくまで焼く。器にベビーリーフを敷き、タンドリーチキンを盛る。

なすとパプリカのエスニックマリネ

6:

なすはへたの周りにくるりと包丁を入れ、皮に浅く縦に4~5本切れ目を入れておく。パプリカは縦半分に切って種を取り適当な大きさに切る。魚焼きグリルかオーブントースターで焼く。

7:

様子を見ながらこの位皮が黒くなるまで焼く。

8:

なす・パプリカの皮をできるだけ熱いうちにむき、食べやすい大きさに切ります。 水につけると水っぽくなるのでトングなどを使いながら作業するのがお勧めです。

9:

なす・パプリカが温かいうちににんにくのみじん切り・ごま油・レモン汁・ナンプラーで和える。荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やし味をなじませる。

ガイドのワンポイントアドバイス

タンドリーチキンはポリ袋に入れて下味をつけ、そのまま冷凍しておくのもお勧めです。味もしっかり入って美味しく食べられます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。