太ももやせで、お尻をかっこよく

このエクササイズでは、膝立ちのまま、足を横、後ろに上げて、お尻の筋肉を強化します。ガイドが一番好きな動きです。やはり何と言っても3Dヒップを作る動きなので、メソッド通りに実践しようとしましたが、膝やつま先の向きなど細かい注意点が思いの外、難しい!とは言え、お尻にお肉が集まってくるのが感じられるので、丁寧にゆっくり実践すると腰肉から下半身全体が理想のラインに近づくと思います。

動作1

動作1

1.椅子などの背をつかみ、膝立ちになり、膝、踵、つま先を合わせます。


 
動作2

動作2

2.お尻締めと内股絞りをし、息を吸いながら右足を横に上げ、息を吐きながら下げて、元の姿勢に戻ります。これを2回、繰り返します。


 
動作3

動作3

3.息を吸いながら左足を横に上げ、元の位置に戻します。これを2回、繰り返します。


 
動作4

動作4

4.足をつけ根からひねり、膝が外側に向くのを意識し、右足を後ろに伸ばします。息を吸いながら、少しでも足を高く上げ、息を吐きながら下げ、元の位置に戻します。


 
動作5

動作5

5.反対側も同様に動作します。


 
この3つのエクササイズだけでも、十分だと思いますが、気になる人は「シリトレ」をご覧ください。さて、これだけやってみると、「お尻に効きそう~」と思ったのと、なぜここまでお尻にフォーカスしたメソッドを作ったのか?と竹田さん自身に興味がわいたので、メソッドが作られたお話などを聞いてきました。