電子レンジで簡単。皮つきパプリカのマリネ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずマリネ

 

パプリカとマリネ液を電子レンジで一気にチン!

パプリカをこんがり焼いて皮をむき、別で用意したマリネ液につけるというのがパプリカのマリネの一般的な作り方。でも、その手順はちょっと面倒なので、美味しさをきちんと維持したまま、できるだけ省略した簡単レシピにしてみました。

皮をむくとマリネ液がよく浸透して、柔らかい食感になりますが、皮つきもアリ。パリッと食感が美味しいです。しっかりと味を浸透させるためにパプリカをマリネ液と一緒に加熱し、半日ほど漬けこむといいでしょう。

このレシピを含めたワンプレートの献立は、『ツナと大葉の冷製パスタプレート(朝10分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

皮つきパプリカのマリネの材料(2人分

皮つきパプリカのマリネの材料
パプリカ (赤・黄)各1/2個
マリネ液の材料
大さじ1
砂糖 大さじ1/2
小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク 1個
ブラックペッパー (粒のまま・あれば)6個

皮つきパプリカのマリネの作り方・手順

皮つきパプリカのマリネの作り方

1:切る

切る
パプリカを縦にして、cm程度の幅に短冊切りします。耐熱容器に並べます。

2:電子レンジにかける

電子レンジにかける
にんにくを包丁の腹でつぶし、マリネ液の材料をすべてよく混ぜ合わせます。パプリカの上にマリネ液をかけ、ラップをして、電子レンジで5分加熱します。粗熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上冷やします。

ガイドのワンポイントアドバイス

電子レンジを使ってパプリカの皮をむくこともできます。耐熱容器に並べて、ラップをかけ、3分ほど電子レンジにかけ、ひっくり返してさらに3分ほど加熱します。粗熱が取れたら、皮をむきます。加熱が足りないとむきにくいことがあるので、その場合はさらに電子レンジで1分程度加熱してみましょう。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。