フライパン1つで作るパエリア弁当

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物パエリア

 

フライパン1つで作る、カラフルなパエリア弁当

20cmサイズのフライパン1つで、2人分のパエリア弁当を作ります。調理時間は約25分。メニューは、簡単パエリア、クミン風味のコーン入りスクランブルエッグ、人参と紫たまねぎのサラダです。調理の順序は、最初に卵を焼き、そのフライパンでパエリアを作り、米を加熱する間にサラダを作る。卵はあまりフライパンを汚さないので、焼いた後にさっとキッチンペーパーでふけば、わざわざ洗わなくても大丈夫。順番通りに作れば、動きに無駄なく手際よくできますよ。

フライパンでパエリア弁当の材料(2人分

クミン風味のコーン入りスクランブルエッグ
コーン水煮缶 大さじ3
2個
オリーブオイル 大さじ1
クミン 小さじ1/2
小さじ1/4
パエリア
1合
たまねぎ 1/4個
パプリカ (赤・黄)各1/4個
ニンニク 少々
ウインナー 2本
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 大さじ1
熱湯 1カップ
サフラン 1つまみ
コンソメ 1個
小さじ1/3
ブラックペッパー 少々
イタリアンパセリ 適量
人参と紫玉ねぎのサラダ
にんじん 1本
紫たまねぎ 1/2個
イタリアンパセリ 適量
マヨネーズ 小さじ2
マスタード 小さじ1
はちみつ 小さじ1
すき間埋めにサラダ菜とミニトマトを使っていますが、調理には使わないため、材料リストには記載されていません。人参と紫玉ねぎのサラダは、2人分でなく作りやすい量で記載しています。

フライパンでパエリア弁当の作り方・手順

クミン風味のコーン入りスクランブルエッグ

1:コーンとクミンを炒める

 フライパンにオリーブ油とクミンを入れて火にかけます。クミンがはじけて来たらコーンを加え、塩をふって炒めます。 コーンは炒める前にキッチンペーパーで水気をおさえておくと、出来上がりが水っぽくならずにおいしくできます。

2:卵を加えて仕上げる

溶き卵を加えて全体を木べらなどで大きく混ぜながら火を完全に通します。

簡単パエリア

3:湯にサフランとコンソメを溶かす

 熱湯にサフランを入れて色出しし、コンソメを加えて溶かしておきます。

4:材料を切る

たまねぎとパプリカは角切り、ウィンナーは輪切りに。にんにくはみじん切りに、イタリアンパセリはざく切りにします。

5:フライパンで材料を炒める

フライパンにオリーブ油と玉ねぎ、にんにくを入れて火にかけます。玉ねぎが透き通って来たらウィンナーを加えて炒めます。

6:パプリカと米を加える

パプリカを加えて塩とブラックペッパーをふり軽く炒めたら、米を加えます。米が透き通るまで全体を1分半ほど炒めます。 米はとがずにそのまま加えます。

7:白ワインと3を加える

米が透き通ったら白ワインと、あらかじめ用意しておいた3を加えます。沸騰したらフタをして弱火で7~8分加熱します。その後火を止め、フタをしたまま5分蒸らします。盛りつける直前にイタリアンパセリを加えて全体を混ぜます。

人参と紫たまねぎのサラダ

8:材料を切って味付けする

 パエリアを加熱している間にサラダを作ります。人参は千切りに、紫玉ねぎは薄切り、イタリアンパセリは粗みじん切りにします。塩をまぶして2~3分置き、水気を軽く絞ります。その後調味料を加えて全体を混ぜて調味します。

お弁当を詰める

9:卵を茶巾にする

 スクランブルエッグをラップでくるんで口をきゅっと閉じて成型します。そのまま少し置いておくと、丸型に成型されてお弁当に詰めやすくなります。

10:お弁当に詰める

最初にお弁当の半分にパエリアを詰めます。次に丸く成型したスクランブルエッグを入れ、最後にサラダをカップに入れて詰めます。すき間が空くようならば、ミニトマトなどですき間を埋めます。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回はパエリアの材料に手軽なウィンナーを使いましたが、シーフードミックスやハムなど、ご自宅にあるものをお使い下さい。パエリアの出来が不安なときは、一度フタを取って味見してみて。汁気がなくなってお米の芯がほんの少し残っていることを確認してから火を止めて、そのままフタをし直して蒸らしましょう。(コンロや使用するフライパンの種類や大きさによって火加減が違います。パエリアの加熱時間は調節してください)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。