焼き肉をコチュジャンダレで!韓国焼き肉料理レシピ

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず焼き肉

 

コチュジャンダレで食べる韓国焼き肉料理レシピ

おうちでも、アウトドアでも大人気の焼き肉。市販の焼き肉のたれを使ってチャチャっと作るのもいいけれど、たまにはタレを手作りして、いつもと違う焼き肉を楽しんでみませんか?
つけダレももみダレも、冷蔵庫で4~5日日持ちがするので、多めに作って、ストックしておくと便利ですよ。

しっかり下味をつけたお肉を焼いて、サンチュなどの葉っぱに生のにんにくや青唐辛子を包んで食べるのが韓国焼き肉。お肉の種類ごとに専門店が分かれていて、つけダレやもみダレもさまざまです。

今回のレシピは、しょうゆダレにつけて食べるのもいいけれど、熟成発酵させて作られる韓国の唐辛子味噌 “コチュジャン”ダレ をちょこっとのせて食べるのも、これまた乙な味でおすすめ。お肉とともに、炊いたご飯を葉っぱにのせて食べても美味。ご飯とコチュジャンダレとの相性が抜群です!
 

韓国焼き肉の材料(2人分

コチュジャンダレで食べる韓国焼き肉
牛肉 300g(焼き肉用の厚めの肉)
サンチュ 1パック
海苔 適量(韓国のり)
えごまの葉 適量(青じそでも可)
セリ 適量(クレソンでも可)
ねぎ 適量(白髪ねぎ)
生姜 適量(せん切り)
グレープシード油 適量(サラダ油でも可)
もみダレの材料
たまねぎ 1/4個(すりおろし)
ねぎ 1/2本(みじん切り)
醤油 100cc
きび砂糖 大さじ2
大さじ2
ニンニク 小さじ2(すりおろし)
粉唐辛子 小さじ1/4~1/2(できれば中挽き)
すりゴマ 大さじ1
こしょう たっぷり
ごま油 大さじ2
コチュジャンダレの材料
コチュジャン 大さじ2
味噌 大さじ2
きび砂糖 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
ねぎ 1/2本(みじん切り)
いり白ごま 適量

韓国焼き肉の作り方・手順

コチュジャンダレで食べる韓国焼き肉

1:タレを作る

タレを作る
もみダレを作る。鍋に醤油、きび砂糖、酒を入れ、きび砂糖が溶けるまで火にかける。粗熱がとれたら、もみダレの残りの材料を加えて混ぜ合わせる。

2:牛肉と和える

牛肉と和える
ボウルに牛肉を入れ、もみダレを加えて手でもむようにして和える。

3:焼く

焼く
牛肉を焼き、サンチュ、白髪ねぎ、しょうがのせん切り、せり、韓国のりを盛りつけた皿に盛る。

4:完成

完成
コチュジャンダレの材料を混ぜ合わせ、3に添える。サンチュに牛肉とお好みの具、コチュジャンダレを少しのせ、包んで食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

粉唐辛子は、韓国産の中挽きタイプを使うと、タレにほのかな甘みがでておすすめですが、細挽きタイプでもOK。その際は、辛味が増すため、使用する量を少なめにしてください。もみダレを多めに作る場合は、玉ねぎ、長ねぎ、ニンニクを一緒にミキサーなどにかけてペースト状にするとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。