基本の味噌ヨーグルト床

所要時間:5分

カテゴリー:その他塩ヨーグルト

 

ヨーグルト&味噌で、まろやかでしっとりとした味わいに!

ヨーグルトに味噌を加えたヨーグルト床です。塩辛く、固くなりがちな味噌漬けも、まろやかでおいしく、しかも驚くほどしっとりと仕上がります。日本人になじみ深い和食が気軽に作れるところも魅力。いますぐ活用したい万能床です。

※参考:
塩ヨーグルトって何?手軽でおいしい5つの秘密 
「料理の幅が広がる!塩ヨーグルトの活用術」特集

基本の味噌ヨーグルト床の材料(2人分

野菜用の味噌ヨーグルト床
ヨーグルト 50g
味噌 50g
肉・魚用の味噌ヨーグルト床
ヨーグルト 大さじ2
味噌 大さじ1
はちみつ 小さじ1/2
肉・魚用のヨーグルト床に使うはちみつは、みりんに代えてもよい。ヨーグルトと味噌とはちみつを12:6:1の割合で混ぜるのがポイント。

基本の味噌ヨーグルト床の作り方・手順

味噌ヨーグルト床を作る

1:材料を混ぜ合わせて味噌ヨーグルト床を作る

材料を混ぜ合わせて味噌ヨーグルト床を作る
食品用保存袋に材料を入れてよくもむ。これで味噌ヨーグルト床は完成。

2:味噌ヨーグルト床の中で軽くもむ

味噌ヨーグルト床の中で軽くもむ
漬けたいものをヨーグルト床の中に入れてまとわせる。袋の中の空気を抜き、口を閉じて冷蔵庫へ。1~2日程度漬ける。 ※きゅうり、かぶ、人参など漬かりにくい野菜は、全体を塩(分量外)で軽くもみ、かぼちゃ、ごぼう、里芋、れんこんはレンジで1~2分温めてから床に入れるとよい。

3:味噌ヨーグルト床を使ったレシピ:野菜の味噌ヨーグルト漬け

味噌ヨーグルト床を使ったレシピ:野菜の味噌ヨーグルト漬け
ヨーグルトと味噌各100gで味噌ヨーグルト床を作る。ごぼうとたけのこ(それぞれ軽くゆでる)、セロリ(筋を取る)、かぼちゃ(薄切り)、長芋(皮をむき縦半分に切る)、ゴーヤ(縦半分に切り、種とわたを取る)を入れて1日半~2日ほど漬ける。味噌ヨーグルト床を洗い流してそれぞれ食べやすい大きさに切り、器に盛る。

ガイドのワンポイントアドバイス

味噌ヨーグルト床の方が塩ヨーグルト床よりも早く漬かります。ぬか漬けにできるものは大抵ヨーグルト漬けでもおいしくいただけますが、味わいのある味噌ヨーグルト床はごぼうやかぼちゃなどの根菜類が向いています。 肉や魚を焼く場合には、軽くヨーグルト床をふき取ってから調理するとよいでしょう。撮影:松園多聞(『塩ヨーグルトをはじめよう』より)