サーモンのカプレーゼカツレツ

所要時間:30分

カテゴリー:お弁当のおかずカツ

 

おもてなしにも使える、簡単でお洒落に見える一品

おもてなしや記念日の料理にいかがでしょうか。衣付けまでして冷蔵庫に入れておき、付け合わせを盛った皿を準備して、あとは食べる10分ほど前に焼いて熱々のところをすすめましょう。とろとろもちもちのチーズとトマトとサーモンが絶妙で、バジルソースとの相性も文句なしです。バジルソースの代わりにタルタルソースでも、またはレモンと塩だけでも、おいしくいただけます。

サーモンのカプレーゼカツレツの材料(2人分

主材料
サーモン 2切れ
モッツァレラチーズ 1/2~2/3コ
トマト 1/4コ程度
小麦粉 少々
1/2コ
パン粉 適量
少々
ブラックペッパー 少々
サラダ油 フライパンに深さ1~1.5センチ
オリーブオイル 100ccほど
付け合わせ・その他
じゃがいも 1コ (こふき芋用)
塩こしょう 少々 (こふき芋用)
レタス 1~2枚
ピーマン 少々
レモン 適宜
バジルソース 少々
衣付け用の卵を1/2コと書きましたが、少量なので衣付けし難いかもしれません。そんな時は、1コ溶いて、余った分をお味噌汁やスープ等に流し入れるといいです。

サーモンのカプレーゼカツレツの作り方・手順

サーモンのカプレーゼカツレツを作る

1:トマトとモッツァレラチーズを切る

トマトとモッツァレラチーズを切る
トマトは5ミリ厚にスライス、モッツァレラチーズは1cm厚に切る。

2:サーモンは骨と皮を取って切り込みを入れる

サーモンは骨と皮を取って切り込みを入れる
サーモンは骨抜きで小骨を引き抜き、皮を削ぎ取り、側面に包丁を入れて開く。
皮の手前を左手でつまみ、身と皮の境目に包丁をあてがい、皮をひっぱりつつ包丁を進めて皮を削ぎ取る

3:サーモンにチーズとトマトをはさむ

サーモンにチーズとトマトをはさむ
サーモンに軽く塩をふり、トマトとチーズをはさみ、チーズの上にブラックペッパーをふりかけて閉じて、形をととのえる。

4:衣をつける

衣をつける
小麦粉をはたき、卵液にくぐらせ、パン粉をまぶす。

5:フライパンにサラダ油とオリーブ油を熱し、サーモンを焼く

フライパンにサラダ油とオリーブ油を熱し、サーモンを焼く
フライパンにサラダ油とオリーブ油を入れて熱し、(4)のサーモンを並べる。

6:スプーンで油をすくってかけながら3~4分焼く

スプーンで油をすくってかけながら3~4分焼く
スプーンで油をすくってかけ、すくってはかけてを繰り返しながら3~4分焼く。

7:キツネ色に焼けたら裏返して焼く

キツネ色に焼けたら裏返して焼く
フライパンに接している面がキツネ色に焼けたら裏返し、油をかけながら3~4分焼く(表裏あわせて7~8分)。
工程(6)ほどは頻繁に油をかけなくても大丈夫

8:油を切って盛り付ける

油を切って盛り付ける
器には前もって付け合わせを盛り付けておいて、油を切ったサーモンをのせ、バジルソースを飾りがけする。
付け合わせの粉吹き芋の黄色はターメリック

ガイドのワンポイントアドバイス

付け合わせの粉吹き芋は前もって作っておくか、同時進行で作ります。サーモンは焼きたてのカリカリに、中のチーズはとろりもちもちの状態で食べられるよう、時間を調整して焼きましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。