カラダを温める根菜類の代表「生姜」「かぶ」

イメージ

ユリ科はカラダを温めるものが多く、ウリ科はカラダを冷やすものが多い

そのほかカラダを温める根菜類には、ユリ科のにんにく、らっきょう、玉ねぎなどがあります。

■「生姜」は寒気を散らし、嘔吐をとめる
現存する最古の薬学書『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』を整理した『本草経集注』には、「辛味」「温性」で、寒気のする体表の邪気を取りのぞき、消化機能を高め、嘔吐を止めたり、解毒作用があると記されています。

生姜のカラダボカポカ作用は、薬膳だけでなく栄養学的にも証明されているので、ここで改めて明記はしませんが、そういえば生姜も根菜類だった!と思い出したのはガイドだけでないはずです。見たからにどんなものより「根っこ」なんですけれどね。

■「かぶ」は消化を助け、カラダを温める
『神農本草経』の前後で書かれた『名医別録(めいいべつろく)』では、「温性」で消化促進によく、元気をつける食材とされます。

ここで注目したいのが、大根との違いです。どちらも消化を促進する働きがあるのですが、大根は「涼性」で、かぶは「温性」。なので、薬膳的には冷え性にはかぶ、そうでなければ大根をピックアップするとよりベターです。

身近な食材の寒熱性

文献によって多少の誤差がありますが、一般的に薬膳でいわれている食材の寒熱性をあげてみます。もちろん、食材にはカラダを冷ます・温めるなどの寒熱性だけではなく、水分代謝を高める、便通をよくする、血液を補うなど、寒熱以外の働きを総合的にみることが大切です。

■温熱性の身近な食材
生姜、ねぎ、しそ、香菜、かぶ、かぼちゃ、玉ねぎ、ニラ、菜の花、にんにく、ラッキョウ、もち米、羊肉、鶏肉、イワシ、サンマ、マグロ、海老、ライチ、サクランボ、桃、栗、クルミ、黒砂糖など

■寒涼性の身近な食材
キュウリ、トマト、レタス、ゴボウ、大根、冬瓜、苦瓜、ナス、春菊、セロリ、たけのこ、ホウレンソウ、緑豆もやし、鴨肉、アサリ、シジミ、カニ、昆布、海苔、柿、梨、スイカ、バナナ、茶葉、塩など

■平性の身近な食材
しいたけ、長いも、さつまいも、じゃがいも、にんじん、ピーマン、とうもろこし、キャベツ、オクラ、うるち米、大豆、黒豆、豚肉、牛肉、スズキ、イカ、タコ、梅、ブドウ、ゴマ、ハチミツなど
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項