ねぎ塩鶏とブロッコリーと人参のにんにく炒め

所要時間:30分

カテゴリー:蒸し料理蒸し鶏

 

ねぎ塩鶏とブロッコリーと人参のにんにく炒め

さっぱりと食べられるねぎ塩鶏をご紹介します。下味をふって酒を多めに使って電子レンジで蒸してやわらかく仕上げ、ごま油のきいたねぎソースで頂きます。ねぎをたっぷりと加えているソースなので薬味というよりかはねぎを食べるといった感じです。生の長ねぎにはアリシンが豊富でビタミンB1の吸収を助け疲労回復に効果があります。また血行促進も期待できるので冷え性の方にもお勧めです。
一緒に添えるブロッコリーと人参のにんにく炒めは抗酸化ビタミンがたっぷりです。カロテン・ビタミンE・Cが豊富なので風邪予防・美肌効果があります。


ねぎたっぷり塩鶏の材料(4人分

ねぎ塩鶏
鶏もも肉 500g
小さじ1(鶏肉の1%)
100ml
生姜 1かけ
ねぎだれ
ねぎ 2本
小さじ2/5
ごま油 大さじ2
こしょう 少々
ブロッコリーと人参のにんにく炒め
にんじん 小1本
ブロッコリー 1/2房
ニンニク 1かけ
大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/3
少々
サラダ油 大さじ1

ねぎたっぷり塩鶏の作り方・手順

ねぎ塩鶏の作り方

1:

鶏肉は塩をふって1時間おく。

2:

1をなるべく重ならないようにして耐熱容器に入れ、酒・薄切りにした生姜をのせる。ラップをして600Wの電子レンジで5分加熱し、鶏肉の上下を返す。再び電子レンジの200Wで5分加熱し上下を返して200Wで3分加熱する。そのまま荒熱を取る。 弱い火で加熱することでやわらかく仕上げます。

3:

長ねぎは斜め薄切りにして水にさらして少し辛味をとる。水気をよく取り塩・ごま油・こしょうを混ぜ合わせて10分おく。

4:

2を食べやすい大きさにきり、3をかけていただく。 汁につけたまま荒熱をとるとしっとりと仕上がります。

ブロッコリーと人参のにんにく炒め

5:

人参は細い乱切りにし、ブロッコリーは小さめの小房に分ける。にんにくはみじん切りにする。

6:

フライパンに油・にんにくを入れて熱し、香りが出たら人参・ブロッコリーを加えて炒める。油が回ったら酒を加え、人参の周りが透明になってきたらオイスターソース・しょうゆ・砂糖・塩を加えて汁気を飛ばすように炒める。

ガイドのワンポイントアドバイス

蒸し鶏は温かいうちに食べても冷たく冷やしても美味しくいただけます。電子レンジで鶏肉を加熱する時は酒を多めに使うことや弱めの火加減で加熱するとやわらかく仕上がります。ブロッコリーと人参のにんにく炒めのブロッコリーは下ゆでをせずに炒めます。ゆでてから炒めるよりもビタミンCの損失が少なくなります。

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。