ダイエットや健康のためにウォーキングを始めたけれど、痩せない……たくましいふくらはぎになってしまった……という人は意外と多いものです。
悲惨な結末を迎える前に、普段の歩き方から見直しませんか?正しい歩き方は、歩いた分だけ代謝を上げて、痩せやすい体づくりができる。さらに見た目にも美しく、歩くだけで若見え!そんな美整体ウォークをご紹介しましょう。

美整体ウォークで美脚&美尻を目指す!



13010201

歩く前にまずは骨盤を立てます。お尻とお腹に力をいれましょう

息を吐きながらお腹を凹ませます。凹ませたままお尻に力をいれます。お尻の割れ目にお肉をぎゅっと集めるイメージで。お腹とお尻に手をあてると引き締まった感じがわかります。

歩いている間に少しずつ緩んでしまうので、信号待ちなど立ち止まった時にもう一度締め直してから歩きだしましょう。

 


13010202

大きく1歩!踏み出した脚はかかとから着地

お尻とお腹に力をいれていることを意識したまま、脚を大きく1歩前に踏み出します。膝はできるだけ伸ばした状態で、かかとから着地。
こうすることで、ふくらはぎがポンプの役割を果たすので、すっきりきれいな美脚へ導いてくれます。

 


13010203

重心はつま先へ移動。後脚の股関節を伸ばしましょう

お尻とお腹に力をいれたまま、着地したかかとから体重をつま先に持っていきます。後脚は、脚の付け根(股関節)を伸ばします。
ここで股関節をしっかり伸ばし、内もも(内転筋群)を刺激します。

 


13010204

後脚の親指で蹴り出してもう1歩!膝裏をしっかり伸ばしましょう

完全に体重が前脚に乗り切ったら、後脚の親指で蹴り出して、次の1歩を踏み出します。親指で蹴り出す際に膝裏をしっかり伸ばすことで、裏もも、ふくらはぎ全体を引き締め、さらにヒップアップ効果も期待できます。

腕は大げさに振る必要はありませんが、後ろに引く力をやや強めにすると、骨盤周辺の筋肉に刺激が入りやすくなります。

 


大股で股関節から歩くことが、美しいスタイルをキープするコツです。


≫次のページで、間違った歩き方をチェックしましょう。