トマトと白チーズのサラダ ブルガリアスタイル

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

トマトと白チーズのサラダ ブルガリアスタイル

ブルガリアで「ショプスカ・サラタ」と呼ばれる、ショップ地方スタイルのトマトサラダです。ブルガリアでは、サラダにオイルだけを絡め、上から「シレネ」というちょっぴり塩味が強めの白チーズをたっぷりとかけていただくのが一般的。塩やこしょうで味つけすることはありません。

今回は、おもてなし料理として最適になるように、サラダを型にいれて仕上げました。これは、ワタシがブルガリアにホームステイしたときに、料理上手のお母さんから教わった盛りつけ方。味つけには、我流でオリーブオイルを使い、レモン汁と黒こしょうを加えました。このほうが、サラダが香り高くなるような感じがして、気に入っています。

立体的に仕上げたサラダに、たっぷりと振りかけた白チーズは、まるで木々にそっと積もる粉雪のよう。盛りつけをほんの少し変えるだけで、いつものトマトサラダがワンランクアップしますので、ぜひお試しください。この盛りつけは、様々な場面で大活躍しますので、本当におすすめです! 特別な日の料理にもピッタリですよ。

トマト白チーズのサラダの材料(2~3人分

トマトと白チーズのサラダ ブルガリアスタイル
トマト 2個(1cm角切り)
パプリカ 1/2個
きゅうり 1/2本(1cm角切り)
紫たまねぎ 1/8個(5mm角切り)
青ねぎ 1~2本(小口切り)
イタリアンパセリ 適量(粗みじん切り)
チーズ 50g(白チーズ:フェタなど)
エクストラバージンオリーブオイル 適量
レモン汁 適量
適量
ブラックペッパー 適量

トマト白チーズのサラダの作り方・手順

トマトと白チーズのサラダ ブルガリアスタイル

1:

赤パプリカは熱湯で皮がやわらかくなるまで茹で、冷水にとり、皮をむく。1cm角切りにする。

2:

ボウルにトマト、きゅうり、赤色パプリカ、紫玉ねぎ、万能ねぎ、イタリアンパセリを入れて軽く混ぜ合わせ、エクストラバージンオリーブオイル、レモン汁、塩、ブラックペッパーで味を調える。

3:

2をスープカップなどに入れて軽くおさえ、逆さにして盛りつけ皿にのせる。上からフェタチーズを表面が真っ白になるまですりおろし、クレソン、トマト、ブラックオリーブなどを飾る。

ガイドのワンポイントアドバイス

サラダは型抜きしなくてもOK。その場合は、野菜を2cm角切りにするとよいでしょう。白チーズは、メーカーによって塩分が異なりますので、様子を見ながらサラダに加える塩分を調節してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。